『アリスと蔵六』第6話感想 汚れた心が浄化されるようなほっこり心温まるストーリー!第二部スタート!

心がほっこりするアニメ「アリスと蔵六」6話を視聴しました。
ネタバレありで感想書いてますので、まだ見てない方は注意してくださいね。

なんだこのあったかいアニメは・・・!なんだこのあったかいアニメは!?
汚れた心が浄化されていく・・・・・

ほのぼのに全振りしたアリスと蔵六はやっぱり素晴らしかった。
超癒されたし、心が穏やかになってジーンとさせてくるような演出にほっこりするしかなかった。
これこれこれこれ。これなんすよ。これがアニメなんすよ。

もうさ、ややこしい設定とかそんなんいいんすよ。
いつの間にかアニメを見る目も肥えちゃってさ、普通なことに満足できなくなってる自分がいるんすよ。ストーリーには緩急が必要だとか、クオリティが大切だとか、作り込まれた設定がカギだとか。
アニメを見始めた頃はもっと純粋にアニメを楽しもうとしてたし、そんなこと考えなくても楽しめていたはずなんすよ。
それがいつしか、心にあったアニメを楽しむ純粋な気持ちは汚れてしまって、からっぽになった心を、設定だとかクオリティで必至に埋め合わせさせようとしてしまってる自分がいるわけなんすよ。気がついたら、普通じゃ満足できなくなってしまってたんすよ。

でもね、このアリスと蔵六6話は本当にただの普通のホームドラマ。それなのにめちゃくちゃ面白い。
なーんかよくわかんないけど、純粋に楽しめた。ほんとに汚れた心が浄化された感じ。
何言ってんだコイツって感じだろうけど、自分でも何言ってるかわからない。

これまでの演出のおかげなんだろうけど、とにかく良かったってことが言いたかった。

前回の記事はこちら

『アリスと蔵六』第5話感想 まさかの第一部完!あっさりすぎて逆に怖いよ・・・

2017.05.01

スポンサーリンク

ひたすらほのぼの


もうずっと日常回でほのぼのしていてもらえないんだろうか。
原作読んでないからまったく展開がわからないし予測できないんだけど、またこれ事件起こってくるんだよねきっと。
1部があったからこそ、このほのぼのが凄く活きてるし、こんな感じでオッサンと幼女の心温まるほのぼのをずっとやってくれないんすかねえw

紗名ちゃんの声優大和田仁美さんの純粋無垢で無邪気な子供の演技がとてもいい。
ちなみにSHIROBAKOの今井みどり役をされていた方ですね。まだチョイ役が多いけど、これからブレイクしていくんじゃないかなー。

樫村紗名


新聞とって表札見えて名前追加されてるこのシーンに、ジーンとしたw
ほのぼの回を締めくくる素晴らしい終わりかただよね。

ほんとほっこりできた良回だったなあ。

まだこの日常が続けばいいな。
次回「ともだち」お楽しみに。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。