『Eマンガ先生 第1話』感想 “可愛いは正義”を地で行くラノベアニメ!

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の原作者である伏見つかささんの最新作「Eマンガ先生」1話を視聴してきました。
タイトルがインパクト抜群な本作を、ネタバレありで感想書いていきますね。
ちなみに原作は読んでません。

内容はタイトルとは違い全然真面目な作品だった笑
萌え重視のラノベアニメのお手本のようなアニメだったと思います。
よくある兄妹ラブコメホームドラマですね。

とにかく可愛ければいいんです。
それ以外は取るに足らない些細なこと。
可愛いは正義を地で行くアニメだと思って視聴しましょう。

スポンサーリンク

主人公はラノベ作家、妹はイラストレーター


血の繋がっていない兄妹。
両親は事故で他界し、一軒家に2人暮らし。
兄は高校生で売れっ子ラノベ作家、妹は有名イラストレーター。

うーん、この圧倒的ラノベ感!笑
まったくリアリティを感じられません。これぞラノベアニメ!

可愛さとこのホームドラマを描けたらいいので、設定は完全にご都合主義です。
とにかく可愛く萌えれればなんでもええんです。
難しいこと考えずに、ブヒブヒ眺めていきましょう!

お風呂のシーンはありませんでしたが、まぁそのうちくるでしょう。
ストーリーの展開は、おそらく2人が距離を縮めて仲良くなっていくんだろうけど、そこに他のヒロインも絡んできてのモテモテハーレム展開。
お約束ですが、追加ヒロインで話を広げていくのだと思います。

個人的には本屋の店員ちゃんが最高でした。

絵も綺麗でキャラデザも素晴らしいので癒やし枠として視聴していこうと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。