『Eマンガ先生』第9話 感想 山田エルフの真価を見せ付けられたエルフ劇場!

エルフに落ちたタチバナですこんばんわ。

山田エルフがひたすら可愛いアニメ「Eマンガ先生9話を視聴しました。
ネタバレあり感想を書いていますので、まだ未視聴の方はご注意ください。

やりやがったな。完全にやりやがった。
水着回かと油断させての神がかった演出で紛うことなきエルフ回
ツンデレの王道を地で行くヒロインっぷりと圧倒的な可愛さは非凡すぎて筆舌に尽くしがたい。

紗霧をあれだけ際立たせておいて、ここにきてこれだ。
前回までメインヒロインの脇で健気に頑張る報われない立ち位置だったのに、ついに山田エルフの真価を見せ付けられた気がした。

前回の記事はこちら

『Eマンガ先生』第8話 感想 脚本は原作者の伏見つかささんが担当!内容の濃い神回だった!

2017.05.28

スポンサーリンク

Eマンガ先生 第9話「妹と妖精の島」の感想


水着シーンも王道展開で安定の可愛さ。
ムサマサ先輩もキャラ変わってどんどん可愛くなってるし、サブキャラが魅力的すぎる。
でもやっぱり水着回なら、本屋ちゃんも連れてきてほしかったな・・・。
多少強引でもいいから、女性キャラ全部連れてくるくらいの気概を見せてほしかったw

しかし今回は水着回であって、そうじゃないのでそういう展開にはならなったわけだ!
ムラマサ先輩はただのオマケで、其の実はエルフの土壇場劇場
数々のシーンをとくとご覧あれ。

エルフ劇場


幻想的で凄い綺麗なシーンだった。
紗霧ちゃん好きだったけど、もうエルフでええやんってなってしまった。
厳しくしつけられたのに、めちゃええ子でそれでいて健気。そして一途。圧倒的なポテンシャルと魅力だった。一方紗霧はただの引きこもり・・・w

でもこんな圧倒的なシーンがあって、紗霧がさらに上を行く演出があるんだろうか。メインヒロイン大丈夫なのか?
残り3話でここからひっくり返すような演出がなかったら、エルフ涙目すぎるw
ここまでして勝てない演出に期待がかかる。

特大のエルフ回だったけど、ムラマサ回は来るんだろうか。
最後のエンディングまでエルフ劇場してて演出が素晴らしかった。

このエンドカードのパンツラインはさすがにあざとすぎると思ったw

次回「和泉マサムネと年下の先輩」

以上「Eマンガ先生 第9話 感想」でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。