『フレームアームズ・ガール』第9話 感想 可愛さは過去最高!高クオリティの手書きシーンが素晴らしかった!

キャッキャウフフアニメ「フレームアームズ・ガール9話を視聴しました。
ネタバレあり感想書いていますので、まだ未視聴の方は注意してくださいね。

今回の9話はFAガールズ史上最高の出来だったと思う。
このアニメの出来は何で決まるか?そう、可愛さである。その可愛さがいかんなく惜しみなく描かれていた。
さらには内容も詰め込まれ、素晴らしいシーンが多くて大満足な回だった。

前半のAパートは風邪からのドタバタ劇場。
勢いがあって、FAガールとあおちゃんの絡みがガッツリ見れていつも通り大変良かった。
お尻にネギを刺そうというシーンはグレイトだった。

いつも通りキャッキャしてて、いつも通り安定の可愛さだったわけだ。
FAガールは、やっぱりのほほんとしてて気楽に見れておもしれーなーと、そう思ってた。

しかし、9話の真髄はBパートにあった。
完全に夢の中のお話だったけど、FAガールがまさかの人間化。
作画もCGから手書きになっており、それはもう神作画の素晴らしいクオリティだった。

グレイトなカットの連続だったので、しっかりそれらのシーンカットを残しておく。

スポンサーリンク

フレームアームズ・ガール 9話 「あしたもいっしょに」


この神がかった内容を1パートで収めてくるとか一体なにを考えているんだ。勿体無いにも程がある。このパートをずっとやってればもっと人気のアニメになっていたのではと思ってしまった。
しかしそれではプラモの販促ができないので、許されないんだろうけどもっとやるべきだと断言する。

人間化したFAガールたちの私服姿は新鮮で最高だった。
一応この私服姿は各FAガールの装甲カラーに基いてチョイスされていたみたい。


全員個性が出てて、しゅばらしかった。










そして舞台は学校へ







マテリア姉妹の破壊力と、バーゼの可愛らしさに脱帽。
それぞれの部活動の姿も、らしくてグレイト。




お約束の水着回もここで回収。
水着回だけで1話まるまるできそうなのに、勿体無い。



怒涛の学園生活ラッシュは色々詰め込まれていた。
学園生活FAガールズのスピンオフがあったら、間違いなくそっちのほうが人気出ると断言する。










どのシーンも可愛らしくて華があって、普段のFAガールにはない魅力的な内容だった。

最終回のような感じだったけど、このアニメ最終的にどう締めるんだろう。
残り3話、噛み締めたいと思います。

以上、「フレームアームズ・ガール 第9話 感想」でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。