『Fate/Apocrypha』第8話 感想 決戦の幕開け!登場人物ワッサワサで各視点見所が満載だった!

どうもタチバナです。

Fateシリーズのスピンアウト作品「Fate/Apocrypha8話を視聴しました。
ネタバレあり感想を書いていますので、未視聴の方はご注意ください。

戦闘入るとやっぱりイイですね。赤陣営が見れると個人的に面白い。
群像劇でじっくりと戦闘シーンを見れなくてもどかしいんだけど、各視点見所があって続きが楽しみ。
この決戦の落とし所もスゴイ気になる。

8話あらすじ

前回の記事はこちら

『Fate/Apocrypha』第7話 感想 加速する聖杯大戦!空中要塞を有する赤陣営が動き出す!

2017.08.13

スポンサーリンク

Fate/Apocrypha 8話「開戦の狼煙」感想


今回は黒のアサシン以外のサーヴァントが出てきたボリューミーな内容でした。
サーヴァントの強さ的には黒のランサーが別格な感じなのかな。あいつだけちょっと異質ですよね。
赤で最強格だと思ってたライダーは、黒のアーチャーと師弟関係だったし力を発揮できなさそう。

サーヴァントの特徴とか、戦闘スタイルが明らかになってきて面白くなってきた。
ポーカーフェイス赤のランサーもまだまだこれからだと思うし、一番盛り上がってるのはその視点かな。
ランサー対決はどっちも負ける姿が想像つかないので楽しみだ。

ジークもちゃっかり紛れ込んできてるし、さらに黒陣営に打撃を与えようとしてて笑う。
というか、ホムンクルスはただの感情のない兵隊だと思ってたのに、ちゃんと意思があるのに驚いた。
意思を持ったホムンクルス大量生産してるのは、やっぱり作り手に落ち度があると思わざる得ない。

死地に赴くシロウ


自分の正しさを裁定するという理由でサーヴァント戦に参加するシロウ。
シロウがこんなところで動き出すとは思ってなかったのでこれまたワックワクですね。
何するのかなと思ってたら黒のバーサーカー引き抜こうとしてたし、やることがやっぱり黒い笑

さらにモードレッドと獅子GOさんのコンビも参戦してくるとかいい感じに盛り上がってきた。
一体どこの視点に参戦するのか楽しみすぎる。

ウロチョロするのが仕事のルーラーも、こんなカオスな戦場をどう裁定するんだろう。
そしてそんな裁定者であるルーラーを敵視するシロウもイマイチわからない。
この2人が争っていく感じになるんだろうか。

今のところ、赤も黒も優越をつけ難い勝負ですね。
赤はチート感満載のシロウが参戦してるのが面白い。

個人的にこれまでで感じたサーヴァントの強さと印象。

赤のセイバー・・・強い 主人公 
赤のランサー・・・強い クールキャラ
赤のライダー・・・赤の最強格 でも黒のアーチャーに構いすぎて何も成せなそう
赤のアーチャー・・・弱い 一番にやられそう
赤のアサシン・・・弱い 自ら戦闘するタイプではなさそう
赤のキャスター・・・弱い 傍観者ポジション
赤のバーサーカー・・・弱い 脳筋

黒のセイバー・・・勝手に自殺
黒のランサー・・・サーヴァント最強 よく喋る
黒のライダー・・・弱い 敵と仲良くなるタイプ
黒のアーチャー・・・最強格 マスターを守って死にそう
黒のアサシン・・・弱い 戦場を引っ掻き回すマン
黒のキャスター・・・弱い ゴーレム命
黒のバーサーカー・・・弱い 宝具完全開放して死ぬパターン

中々いいバランスだと感じる。
あとは各マスターの能力とかが気になるところ。
ジークもどう戦いに絡んでくるのかも謎だし、展開が楽しみになってきた。

以上、「Fate/Apocrypha 8話 感想」でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。