『Fate/Apocrypha』第14話 感想 ふたりはプリキュア!まさにそんな感じだった。

どうもタチバナです。

Fateシリーズのスピンアウト作品「Fate/Apocrypha14話を視聴しました。
ネタバレあり感想を書いていますので、未視聴の方はご注意ください。

今週ちょっと酷くないすか・・・笑
なんというか、ノリが軽くて凄まじく安っぽい。
キャラにしろ戦闘にしろ、多すぎるからなのか雑すぎる気がする。

14話あらすじ(クリックorタップで表示)

前回の感想

『Fate/Apocrypha』第13話 感想 カオスな展開で群像劇に拍車がかかる!2クール目がスタート!

2017.10.01

スポンサーリンク

Fate/Apocrypha 14話「救世の祈り」感想


黒のキャスターといい、そのマスターといい、まったくと言っていいほど魅力がないから悲壮感だされても響かないんすよね。
このマスターとかキャラとして生きてないし、キャラたくさん出したのはいいけど扱いきれないから殺された感じにしかみえない。
圧倒的に黒陣営サイドの視点がつまらない。

ゴーレムになったのはいいけど、なんで単凸したんだろう。
ホムンクルスやら吸収したいのはわかるけど、さすがに無謀すぎませんかね・・・。
時間経てばめちゃくちゃ強くなるらしかったのに、ココらへんで退場してもらおう感がスゴイ。

黒キャスの最期はあっけなすぎて失笑レベル。

馴れ合い


モードレッドもノリノリで馴れ合ってるし、どういう気持の変化があったのかの描写が足りなすぎてついていけない。
ここまでキャラ描写ができてないと、逆に原作がどうなってるのか気になってくる。

キャラのバックボーンやらを丁寧に演出するのがこれまでのFateだったのになぁ。

ジークフリートの憑依も適当すぎてかなり笑えた。
重厚なアニメを見たかったのに、プリキュアを見せられた感じ。

あとは天草視点を信じるしかない。

以上、「Fate/Apocrypha 14話 感想」でした。

スポンサーリンク






1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。