『グランブルーファンタジー』第5話感想 迫力あるティアマト戦!やっぱり戦闘シーンは凄かった!

TVアニメ「グランブルーファンタジー」通称”グラブル”の5話を視聴しました。
ネタバレありで感想を書いてますので、まだ見てない方は注意してください。

ティアマトとの戦闘作画シーンが素晴らしかった。
ファンタジー作品なだけに、規模の大きい戦闘になるので迫力がありますね。
たしかにほのぼのした雰囲気もすごく良くて冒険感あるんだけど、戦闘シーンでさらにワクワクできる。

前回の記事はこちら

『グランブルーファンタジー』第4話感想 ラカムがまさかの近接戦!?グランサイファー号始動!

2017.04.23

スポンサーリンク

ティアマト戦


てか、ティアマトってドラゴンじゃなかったのかw
普通にドラゴンだと思ってたから、人なのにびっくりして、さらに近づいたらめっちゃ巨大で笑いました。

グラン君の圧倒的主人公補正により、割りとアッサリ撃破。
あの戦闘力が授かれるバハムートの力強すぎませんかねw

あれだけ強いと今後の戦闘に緊張感がでなくて、結局アッサリ倒していく感じになるのかな。

そして、なぜかこの舞台を用意したチビ将校も出てこなかったし、謎。
あれだけチビ将校が悪である演出してたのになぁ。

その代わりに、全身フルアーマー装備の黒騎士さんがでてきました。
室内でこの装備www

演出なのはわかりますが、ちょっと違和感しかなかった。
しかしこの厨二心がくすぐられるフォルムはカッコよかった。
早く動いてるところが見たい。

ラカム加入


星の島を目指そうそこになにかある。
これ何かに似てるなと思ってたら、ずばりワンピースですね!w
ある島を目指そうとする大筋は一緒で、だからちょっとかぶる部分があったわけだ。
ラカムは、オールブルーを目指すわけですw

これからパーティに人が増えて、ストーリーに厚みが増していくのでしょう。

頼もしい仲間と船が加わって、今後の展開に期待。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。