『魔法陣グルグル』第1話 感想 王道RPGファンタジー再び!ククリがとてつもなく可愛い!

どうもタチバナです。

ギャグファンタジー漫画の傑作「魔法陣グルグル1話を視聴しました。
ネタバレあり感想を書いていますので、まだ未視聴の方は注意してください。

魔法陣グルグルが深夜帯でやっているのに凄い違和感がある。
昔マンガやアニメで触れたことはあるんですけど、いかんせん随分前なので内容までは覚えてません。なので凄い新鮮な気持ちで見れたし、可愛くて面白かった。

個人的に、魔法陣グルグルと言えばコレ。

優しいリズムで、アニメが終わる寂しさが感じられる名曲中の名曲。
これをカバーでやってくれたら神ってたのになぁと思ったり。

1話あらすじ
魔王を倒す勇者を募るというお触れを見た勇者マニアの父と母によって、半ば強制的に旅に出されたジミナ村の少年ニケ。村のしきたりに従って、村外れに住む魔法オババの元を訪ねたニケは、そこで不思議な魔法グルグルを使う少女ククリを託される。オババの話によれば、彼女はミグミグ族というグルグルを使うことのできる一族の最後の末裔で、いずれ現れる勇者を待ち続けていたのだという。

スポンサーリンク

魔法陣グルグル 1話「旅立ち!ジミナ村!」感想


この超ハイテンションドタバタコメディが気持ちいい。
内容に古臭さを感じながら、前のめりに進んでいく展開が見ていて楽しい。

地味にこれ2クール構成ということなので、このテンポで半年間追いかけられるというわけだ。
気楽に見れるし、笑えるし、頭空っぽにしてほんわかと見ていけそう。

ククリ役の声優さんが、月がきれいの茜役の小原好美さんなのでこれが嬉しい。
まったくジャンルもキャラも違うから、また違った演技が見れていいですね。
ククリがとてつもなく可愛かったです!

内容は魔王を倒しにいく王道RPGファンタジー。
ここまで王道のって逆に昨今ない気がするので、新鮮味があるよね。
オッサン世代は懐かしむことができるし、若い世代は昔の名作を改めて触れることができて素晴らしい。
というか普通に夕方放送すれば、もっとちびっ子たちも見れるしいいのにね。

グルグル


超有名なキャラ、キタキタおやじが登場笑
このドタバタな超ハイテンポがクセになる!
緊張感や緊迫感なんて欠片も感じないけど、まったりと和めて良い。
全年齢見れるアニメだよね。安心感が凄い。

これからどんな面白い冒険が繰り広げられていくのか、楽しみに見ていきたいと思います。

以上、「魔法陣グルグル 1話 感想」でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。