『魔法陣グルグル』第10話 感想 「それぞれの時代には、それぞれの冒険がある」ククリが大活躍!

どうもタチバナです。

ギャグファンタジー漫画の傑作「魔法陣グルグル10話を視聴しました。
ネタバレあり感想を書いていますので、未視聴の方は注意してください。

次回がめちゃくちゃ楽しみになる回でした!過去キャラが集まる感じなんですかね。
ジュジュとか総裁がパーティに加わるとドタバタがマシマシになって面白くなってきそう。
きりなしの塔は個人的にはギャグ成分少なめでイマイチだったかなぁ。

10話あらすじ(クリックorタップで表示)

前回の記事はこちら

『魔法陣グルグル』第9話 感想 大道芸人パーティ!きりなしの塔を攻略開始!

2017.09.06

スポンサーリンク

魔法陣グルグル 10話「攻略!きりなしの塔!」感想


毎回ククリの色んな姿を見てる気がする。これぞヒロインって感じ。
バニーガール最高でした!!

きりなしの塔の冒険も、これまでニケとククリだったのが4人に増えて安定感がましましたね。
特にキタキタおやじの無敵っぷりに、草の鎧でさらに拍車がかかってて笑いました。
全ての攻撃がノーダメージはやばすぎるでしょ笑

壁画の謎


アッチ村の村長の銅像がまさかこんな使われ方をするなんて・・・!
過去キャラとか過去のモノが使い捨てにならないのがスゴイところですね。
アッチ村の村長自身まで絡もうとしてきてるのはなかなかの衝撃だった笑

というかこれから仲間に加わる流れなんですかね。
ジュジュとルンルンは合流しそうだけど、それ以外もとなるとカオスすぎる気が。

そして盗賊団が登場。
ニケは啓示で盗賊って言われてたし、次回予告が「弟子入り!コパ村!」とのこと。
最後に出てきてたキャラが師匠みたいな感じになるんでしょうか。

次週が楽しみです。

以上、「魔法陣グルグル 10話 感想」でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。