Hey! ピクミンってこんなゲーム!ゲーム内容や特徴、発売日などをご紹介!【3DS】

任天堂が3DS向けピクミンシリーズ最新作「Hey! ピクミン」を7月13日に発売決定!

前作のWii U用ソフト「ピクミン3」からの4年ぶりの新作ということになるのだけど、実はこれ、正式な続編ナンバリングではないんです。
ピクミンシリーズと言えば3Dアクションゲームでこれまで親しまれてきましたが、今作は2Dでの横スクロール型のアクションゲームになっています

そんな今までとは少し違うピクミンシリーズ「Hey! ピクミン」について、ゲーム内容や特徴などを調べてみました。

スポンサーリンク

「Hey! ピクミン」とは


実は開発は任天堂ではなく、外注の「アーゼスト」という会社が担当しています。
このアーゼストは、「ヨッシーNewアイランド」や「マリオ&ソニックATリオオリンピック」などの3DSゲームを作った会社ですね。

なので、開発も任天堂ではありませんのでピクミンの続編という考え方ではなく、ピクミンのスピンオフ作品という捉え方が一番しっくりくると思います。

これまでのシリーズとゲーム性も変わっており、横スクロールの2Dアクションゲームになっています。
そのため、シンプルで遊びやすくよりカジュアルなゲームになっているので、これまでのピクミンシリーズを少し難しく感じた方や、ピクミンを遊んだことのない方にも、すんなりと受け入れてもらえるような内容になっているとのこと。
それでいて、これまでのシリーズのコミカルな可愛さや、ファンシーなゲーム世界の雰囲気はしっかり受け継がれています。

「Hey! ピクミン」最新トレーラー

見てみるとやっぱりこれまでのピクミンとはかなり異なっていますよね。
つまり、これはピクミンシリーズのファンをターゲットにした作品ではなく、カジュアルにすることにより多くの方にアプローチした作品だということがわかります。
もともと可愛らしいキャラクターが特徴のピクミンですし、ゲームの操作性がわかりやすくなった本作は一層ファンを増やしそうだと感じました。

ストーリー

ある日の仕事帰り、オリマーの操縦するロケットがピクミンたちの生息する惑星に墜落…!
再びロケットを動かすのに必要な「キラキラエネルギー」を集めるために、ピクミンたちとの大冒険が始まります。

ゲーム動画

この紹介動画が「Hey! ピクミン」を理解する上で一番わかりやすいです。
ピクミンの独特の世界観と可愛らしいピクミンの動きやクリーチャーがしっかりとこれまで通り描かれている。ピクミンファンも納得のクオリティだと感じました。

操作は3DSの下画面をタッチペンでタッチして操作していくのが中心になり、アナログスティックで主人公のオリマーを動かして、タッチ操作でピクミンを呼んだり投げたりと指示を出す。
そしてステージを進めて、シンプルな構造の謎を解きながらゴールを目指す。単純明快で非常に取っ付き易い。

また、簡単な作りになっているけど「ピクミンを1匹も死なせない」「お宝をすべて見つける」などのやりこみ要素も充実しているとのこと。

こんな人にオススメ

  • 可愛い癒されるゲームがしたい
  • 難しいゲームが嫌い
  • 気軽に遊べるゲームが好き
  • 横スクロールのアクションゲームが好き

逆にこれまでのピクミンシリーズが大好きで、続編への期待をしているピクミンファンには今作は合わないかもしれない。
あくまでもスピンオフ作品だと思って遊ぶのがいいと思います。

「Hey! ピクミン」の発売日と予約・購入方法


任天堂の公式発表にもある通り、「Hey! ピクミン」は2017年7月13日に発売。価格は4,980円。
Amazon、家電量販店のHPですでに予約受け付けが始まっています。

同時にカラフルでかわいらしいピクミンのamiiboも1,200円で発売されます。
ゲーム内でタッチすると、好きなときにピクミンを呼び出せるとのこと。

ちなみに、予約特典などは公式にはないようです。
調べたらAmazonが現時点(5/17)では一番最安値でした。

ピクミンTVCM

Hey!ピクミンのテーマソングが聞けます。
ピクミンらしいキャッチーな音楽になっていて、可愛らしく面白い。

まとめ

これまでのピクミンとはゲーム性は違いますが、世界観や可愛らしいピクミンの癒やし要素は健在しているように感じますし、ピクミンファンはもちろん、ピクミンをやったことがない方にもピクミンの世界が楽しめる作品ではないかと思います。
3Dゲームが主流のなか、2Dで遊ぶ横スクロールアクションゲームはキッズやカジュアルプレイヤーにもすごく合う思う。
万人受けするように作られている今作は、ピクミンファンを増やすきっかけになるのではないでしょうか。

そしてピクミンシリーズの正式な続編「ピクミン4」がスイッチで開発されていると噂されています。この「Hey! ピクミン」はピクミン4へ向けた客層拡大を狙った作品なのかもしれませんね。

以上「Hey! ピクミン」についてゲーム内容や特徴のご紹介でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。