『鬼滅の刃』第8話 感想 抗う鬼・珠代様が登場!物語が動き出す!

どうもタチバナです。

妹を救うための復讐劇を描いたダークファンタジー「鬼滅の刃8話を視聴しました。
ネタバレあり感想を書いていますので、未視聴の方はご注意ください。(原作未読)

終始ねずこが可愛かった回。かなり重要そうな新キャラも出てきてだいぶ物語が動き出したし、アニメーション含め期待通りのアニメになってきた感じ。

ただそろそろ鬼滅隊という組織の深掘りがほしい・・・。
今のところやったことは志願者集めて大半を鬼に食わせ、出来のいいやつに刀と防具与えて1人で実戦に放り出しただけ。これでは鬼に餌を与えてる無能すぎる組織としか思えない。
無残にエンカウントしたことを組織はわかってるんだろうか。カラスか何かで監視してるはずだからさすがに鬼滅隊としての動きがほしいところ。

前回の感想はこちら

『鬼滅の刃』第7話 感想 惚れ惚れするほどの大正浅草の夜の街並み!

2019年5月19日

鬼滅の刃 8話 感想

珠代様は今日も美人、明日も美人


ねずこを人間に戻すキーになってくるであろ重要人物が登場。よくわからない幻術を使ってたけどエフェクト凄まじくて圧巻のアニメーションでした。
この珠代様の依頼とも言える”鬼の血を集める”っていうのがこの物語の軸になってきそうですね。まさかそんなキーになってくるキャラが鬼側から出てくるとは予想外。無残に抗おうとする鬼もいるってことですね。

しかし、どうして珠代は無残の近くにいたのかが気になるところ。たまたまだったのか、それとも何か隠してることがあるのか。
そもそも幻術を使う鬼なのに簡単に信用して良かったのかも謎だよね。炭治郎は自分の鼻に絶対の自信を持っているようだけど、本当にそれだけで信用していいのか、もうすでに幻術にハマってるだけなんじゃないのか。

無残がモブにめっちゃキレてたけど、何か見た目で蔑まれてた過去があるっぽいですね。
炭治郎の血筋にも何か因縁がありそうだったし、無残のバックボーンが少し垣間見えた気がしました。

矢印鬼と手毬鬼


個人的にこの手毬鬼のキャラデザがツボ。このアニメは重要そうなキャラのキャラデザが全部イイ。
異能の鬼はどれもこれもオリジナリティがあって、手のひらの目玉がギョロついてるのも、足跡の演出もその異能の演出が斬新で凝っててすごい面白い。

ねずこの魅力もたっぷりで過去一可愛かった。

街や部屋の中の装飾品の細かさとかもufoならではでもうほんと視覚的にめちゃくちゃ楽しめる作品って感じ。

来週はアクションの多そうな矢印鬼&手毬鬼とのバトルっぽいしめちゃくちゃ楽しみ。次回震えて待つ!

以上、「鬼滅の刃 8話 感想」でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。