『リトルウィッチアカデミア』第22話 感想 OPの歌詞を見てほしい!衝撃のカミングアウトに震える驚愕の展開!

リトアカは神アニメ!こんばんわタチバナです。

いよいよクライマックスに突入した「リトルウィッチアカデミア22話を視聴しました。
ネタバレあり感想書いてますので、まだ未視聴の方は注意してください。

今回は色々と物語の核となる部分のカミングアウト回でした。
もう重要なシーンしか残ってないけど、固唾を呑んで見守るとはまさにこのこと。
どっぷりアニメに浸るので見終わった後の喪失感が凄まじい。

そしてその衝撃の展開たるや、アッコ同様震えるしかない。
夢を抱いたシャリオのショーが、その夢を阻むことになっていたとかなんという皮肉。
美しい花火をバックしたシャリオのショーと、暴動で上がった花火をバックに佇むアーシュラ先生。

なにこれ辛すぎるんだけど・・・。

いや凄い脚本だね。これにダイアナを絡めてるあたり、神がかってるとしか言いようがない。
でもこれでわかった。最後に必要なことはやっぱり「信じる心はあなたの魔法」
7つ目の言の葉はまさにそういうことだと思う。

これらを踏まえて、2期のオープニングテーマ曲「MIND CONDUCTOR」の歌詞をみてほしい。

どんなときも 信じているよ
この世界を、自分の夢を
抑えきれない衝動は
始まりの合図だってさ
まだ私が知らない 私に出会うため
決めたよ It’s Showtime!

恐れないで try again
何度だって fly away
i don’t want to miss a thing
この場所から

こんなん絶対泣けますやん・・・。

前回の記事はこちら

『リトルウィッチアカデミア』第21話 感想 スーシィの「デレたか」に大爆笑!してる場合じゃないくらいクライマックスへ!

2017.05.29

スポンサーリンク

リトルウィッチアカデミア 22話「シャリオとクロワ」感想


アッコが無茶したせいで、花粉を受けて箒に乗れなくなってたアーシュラ先生。
それはわかってたけど、まさかアッコが箒に乗れないのがシャリオのせいだったとは考えもしなかった。
どんな運命というか因果応報というか辛すぎる内容でした。

アンドリューのほうに魔法が必要な状況になってきてるのは凄い期待できるよね。
アッコとアンドリューの関係が恋愛的じゃなくて友情的にどんどん進展してるのも良いと思う。
一足先にアッコの魔法にかかっているようなそんなアンドリューだった。

カミングアウト


結局は、シャリオもクロワもやっていたことは同じだったわけだよね。
人間の強い感情を変換して魔法のエネルギーに変えてたってことだし、最終的な目的は違うだろうけどやってることは同じ。
でもシャリオは何か大きな意図があっただろうし、月が関係しているみたいだけど、一体なんだろう。

その月にしたことが、シャリオが表舞台から姿を消した真相になるみたいだし、月に刻まれた十字のマークは言の葉が光るときのマークと一緒というのも非常に興味深い。
シャリオが人から魔力を奪ってまでやりたかったこと・・・それは一体・・・。

そしてそのシャリオに魔力を奪われたのがアッコとダイアナ。
まさかここでダイアナが一時期魔法を使えなくなった伏線が回収されるとは思ってもみなかった。
自分の姿を見て魔女を夢見た女の子が、自分で魔力を奪ってしまった女の子とか残酷すぎる。

でも、救いなのがダイアナは魔力を取り戻していること。
ダイアナは魔法がまた使えるようになると”信じた”から取り戻せたんだと思うし、やっぱりそこがキーなんだと思う。
たぶん、このズタボロの状況のアッコを救えるのはダイアナだし、この後の展開は神がかりますねこれ。

アッコがシャリオの正体を知るときは感動的になると思ってたので本当に衝撃だった。
まさかシャリオがこういう役回りになるとはね。

アッコは恩師と憧れの人を同時に失ってしまったけど、アッコにはこれまで言の葉で得てきた教訓と仲間がいる。
アッコが手に入れられなかった唯一のシャリオカード「信じる心があなたの魔法」
ダイアナがこのカードをアッコに見せるときが近づいてきたね。

いやー、本当に練り込まれた脚本だ。ここまでのめり込むアニメは久しぶりだ。
残り数話、7つ目の言の葉を震えて待つ!!

以上、「リトルウィッチアカデミア第22話 感想」でした。

スポンサーリンク






2 件のコメント

  • これはヤバい。毎回感動させられるけど正にクライマックス、脚本も素晴らしく考えられていて心揺さぶられっぱなし。これから最終回まで目が離せない。幅広い年齢層に観てもらいたい最高の作品ですね。

    • いやほんとにここ最近で一番オススメしたいアニメだと思います。2クールと長いけど、見るだけの価値は十二分にある!
      エンディングが楽しみで仕方ないですよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。