『小林さんちのメイドラゴン第13話』最終回 感想 感動のラスト!!

ついに最終話を迎えた「小林さんちのメイドラゴン」13話の視聴をしました。
ネタバレありで感想を書いていますので、まだ見てない方は注意してくださいね。
前回の話の記事はこちら→『小林さんちのメイドラゴン 第12話』感想 出会いと別れ、そして忍び寄る影

最終回にしてついにトールの父親がでてきましたね。
これまでずっと存在がほのめかされていましたが、やはり連れ戻しにやってきたようでした。
いつもがほのぼのだっただけに、緩急のある今回のお話はいつもとちょっと雰囲気が違いましたね。

トールの父親が親バカだっただけで、悪いやつではなかったからこそハッピーエンドで終われたんだと思います。
小林さんとトールの絆の深さがハッキリと見て取れて、感動的でした。
とてもいい最終回だったと思います。

スポンサーリンク

終焉帝が、来る!トールのいない日常


急にトールが難しいこと考えはじめて、ダークな重い雰囲気が漂う嫌な展開に。
前回が不穏な空気で幕引きしたので、覚悟してましたが急に重い話になりましたね!
いつものほのぼのからのギャップに困惑しました。

そしてそれ以上に困惑したのが小林さん。
いつもは冷静な小林さんもめちゃくちゃ動揺してましたね。

小林さん
まじか・・・
急に帰ったとか言われても、気持ちが追いつかない感じでした。

小林さんは凄まじい消失感だったでしょうが、それでも無情にも日常は流れていきました。
その日普通に寝て、翌日当たり前のように仕事に行く小林さんはメンタル強すぎです笑
さすが小林さんですが、ハンパないですね笑

でも胸の内は穏やかではなかったと思います。

完全に嫁を失って父子家庭みたいな感じになってました笑
カンナの健気さがこれまたツライ。でも超かわいい!
トールがいないと絵面も寂しく、ポッカリと穴の空いた世界になってました。

小林さんとトールの絆


連れ戻したい親父と、帰りたくないトール、そして帰したくない小林さん。
3人の想いが激突するダイナミックなハラハラドキドキなシーンでした。

てか親父、物理攻撃はなしでしょwww
小林さんのメガネ潰しやがって、許されません!
トールはもっとキレて良かったと思います笑

小林さんの「私のメイドを持っていくなァ!」には痺れましたね!
小林さんカッコよすぎでしょ。

父親の名前的にもっと世界を滅ぼすようなめちゃくちゃなやつを想像してましたが、かなり常識があったので良かったですね。
それなりに身分が高そうだったので、やはりしっかりとした考えをもっておられるようでした。

不穏な空気に、ほかのちょろゴンズ達も心配していましたね。
エルマはしっかりと準備しているあたり、エルマって友達想いのええ子だなと思いました。
ルコアさんもファフニールさんも、親子のことだから不干渉を貫いたのかな?

迫力満点ドラゴンファイト!


京アニの本気が見れるシーンなので、個人的にもっとドラゴンファイトを見ていたかったです。

小林さんのここのセリフ、良かったですね。

小林さんの気迫とか気持ちが伝わってきて、すごい感動的でした。

終焉帝もこれを聞いて、割とあっさりと帰っていきました。
最後まで、娘と呼ぶあたり、心配して連れ戻しにきていたんでしょうきっと。
娘もそうですが、小林さんを信じたところもあったんではないでしょうか。

いつもの日常!小林さんちのメイドラゴン!


ハラハラドキドキした最終回でしたが、また3人揃って朝を迎えられる姿を見て安心しました。
でも、小林さんは一生結婚できませんね笑

最後にはいつもの日常が戻ってきて、ハッピーエンドでスッキリ!
とても良いアニメでした!

TV未放送!温泉回!


Blu-ray&DVDvol7の特典として、TV未放送エピソードが収録されているみたいです!
しかも温泉回・・・!発売日が9/20なのでそれまではお預けです。
予約は可能なので、見たい方はチェックしておきましょう!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。