『メイドインアビス』第1話 感想 まさにファンタジーアドベンチャー!映像美とBGMが素晴らしかった

どうもタチバナです。

PV見て期待していた「メイドインアビス1話を視聴しました。
ネタバレあり感想を書いていますので、まだ未視聴の方は注意してください。
ちなみに原作のマンガは見てません。

正統派ファンタジー感のある世界観と独特の設定が魅力的すぎる。
映像化されることでこの空気感が演出されている気がするし、上手くそれが描かれていたと思う。
原作しらないけど、アニメの方がこの世界観は楽しめるんじゃないかな。

背景の美しさとか、冒険の空気感とか、昔のジブリ作品のような雰囲気があって凄いワクワクした。
まさにファンタジーアドベンチャー作品。これは期待できそう。

そしてなにより音楽に注目していきたい。
PV見た瞬間に音楽担当の方を調べたけど、「kevin penkin」という海外の音楽クリエイターの方が起用されています。
彼のHPを見たら楽曲紹介されてましたが、どれもこれも曲に世界観があって素晴らしい。

このメイドインアビスでも早速1話から独特なBGMが流れてましたが期待通り。
音楽がこの作品の空気感や世界観をより魅力的にしていってくれそう。
サントラが今から楽しみ。

1話あらすじ
巨大な大穴『アビス』の縁に築かれた街、『オース』で暮らす探窟家見習いの少女・リコ。ある日、探窟中に孤児院の仲間の少年・ナットが巨大な蛇状の生物「ベニクチナワ」に襲われているところに遭遇する。とっさの機転で注意を逸らしたリコだったが、今度は自分がベニクチナワに襲われてしまう。絶体絶命のその瞬間、突然辺りが閃光と轟音に包まれて・・・。

スポンサーリンク

メイドインアビス 1話「大穴の街」感想


キャラデザは賛否両論ありそうだけど、この世界観を崩さない優しいタッチで凄い好き。
なにより背景の書き込みが素晴らしくて、ほんとにジブリ作品のような映像美。
特に緑が綺麗で、光の具合とか抜群に美しい。ファンタジーはこうでなくてはね。
この作画での雨の描写が見てみたくなった。あればいいなぁ。

この作品で映像美が陳腐になると一気にダメになりそうだから、完璧に抑えにきてる感じ。

ほのぼのしていてファンタジーしていていいですね。
じっくりこの世界に入り込んで楽しんでいけそう。

PV見たときに感じたこのアニメの期待感を裏切らない出来だった。
個人的にガッツリとツボを押された感じ。

秘境の大穴・アビス


この教室がじわじわくる。最高に素敵。なぜかワクワクする。
意味不明な構造してるんだけど、何かわからないけどロマンを感じた。
少年心をくすぐられるような、この教室で授業受けてぇってなる笑

孤児院での生活ってのもなんかいい。
ほのぼのしてるんだけど、地味にダークな部分が隠れていそう。
アビスでの探索もかなり命を張る冒険みたいだし、温かい雰囲気の裏側の部分も楽しみすぎる。

壮観なアビスの風景に心が踊りますね。
温かみのある世界観でどんな冒険が繰り広げられていくのか、楽しみで仕方ない。

エンドカード

以上、「メイドインアビ 第1話 感想」でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。