『メイドインアビス』第8話 感想 BGMが素晴らしかった!ライザの母としての想い!

どうもタチバナです。

ファンタジーアドベンチャー「メイドインアビス8話を視聴しました。
ネタバレあり感想を書いていますので、未視聴の方は注意してください。

オーゼンによる訓練という名の放置!
ガッツリサバイバルの描写するのかなと思ってたけど意外とアッサリ。
果たしてこの訓練が何か役にたって先へ進める力になるのだろうか。
単純に先へ進む試験みたいな意味合いだったのかな。

後半のオーゼンの語りからの過去話の演出は中々見応えありました。
明らかになるオーゼンとライザの関係はなんというか王道の感じがして良かった。
というかあのBGMがめちゃくちゃイイ。

9/30追記
8話作中で流れたBGM(マルルクとの別れのシーン)は「Hanezeve Caradhina」という曲名で、メイドインアビスのオリジナルサウンドトラックに収録されています。詳しくは最終回の記事で紹介しています。

8話あらすじ(クリックorタップで表示)

前回の記事はこちら

『メイドインアビス』第7話 感想 「段々興奮してきちゃってねえ」オーゼンの言動がヤバすぎる!

2017.08.19

スポンサーリンク

メイドインアビス 8話「生存訓練」感想


今回やっとリコが仕事してたと思う。
いつもレグだけで済ましてたけど、2人で協力して困難に立ち向かう描写があって良かった。
ようやく2人の冒険って感じになってきたかな。3層からが楽しみ。

そしてオーゼンの過去回想で、トウカと結婚したぞとライザに報告された時のオーゼンのあの反応はなんだったんだ笑
なんでカオナシみたいなリアクションとってたんだろう。あれは笑うところ?
ライザを弟子として溺愛してたってことなのかな。

ほかの白笛の描写が少年漫画でありがちな、今後出てくる強キャラ的な雰囲気でワクワク。
5層でこいつらウロチョロしてるとか5層の濃さが半端なさそう。

ライザ


ライザの伏せてた顔がここでオープンに!最後の最後まで引っ張るのかなと思ってた。
ライザから色々と託されてたわけですねオーゼンは。もはや孫みたいな感覚なのかな。
あんな不安しかない2人を送り出すことになったオーゼンは気が気じゃないだろうなぁ。

そんなオーゼンの弟子マルルクがいいキャラだったなぁ。
めちゃめちゃええ子でたまらなく好き。たぶんダントツで一番好感度が高いと思う。

いよいよ3層で第2部スタートって感じですかね。
ここからの冒険が見たかった。楽しみ。

以上「メイドインアビス 第8話 感想」でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。