『プリンセス・プリンシパル』第4話 感想 スパイ5人組チーム白鳩!白ってのが特に良い・・・!

どうもタチバナです。

少女たちのスパイアクションアニメ「プリンセス・プリンシパル4話を視聴しました。
ネタバレあり感想を書いていますので、まだ未視聴の方はご注意ください。

時系列かなり飛ばしてきましたね!
いやしかしストーリーがしっかりしてるから見応えありますねー。
1話完結型としてすごいクオリティが高いと思う。しっかり起承転結があって、1話の中に伏線と回収がある。

セリフで言うと、プリンセスの「名前はまだ決まっていません」、ドロシーの「白ってのが特にいい」ってこの4話をなぞったセリフだったし、見ていてちょっと感心しますよね。
こういうのが毎話しっかりあるから見終わったあと満足感がとてもある。

4話あらすじ(クリックorタップで表示)

前回の記事はこちら

『プリンセス・プリンシパル』第3話 感想 ベアトリスの掘り下げ回!この物語の目的もはっきりした!

2017.07.24

スポンサーリンク

プリンセス・プリンシパル 4話「case9 Roaming Pigeons」感想


いきなり時系列が飛んでケース9!この振り回される感じにワクワクする。
ちせが普通に仲間として活動して、ベアトリスもノリノリでスパイの訓練をしていた。
2人ともスパイとしてはまだまだという感じ。

今回のミッションは、現段階で共和国側しか運用できていないケイバーライトを、王国側が作り上げてしまいその試作品を奪取するというもの。
王国側からすると大きな一手になり、共和国側からするとそれは面白くないということですね。

そしてコントロールから指令を受けたドロシーだけど、プリンセスは二重スパイの可能性がまだあるから疑ってかかれと言われていた。
王国側のスパイならケイバーライトを渡したくないはずだし、ミッションを失敗させにくるぞというものだった。

5人でスパイミッションしている様子がいいですね。ワクワクする。
ドロシーはやっぱりお色気担当でした笑

ちせは何やら独自の組織に属しているみたいで、コントロールに潜入して探っているみたいでした。
つまり共和国側のまともなスパイってもはやドロシーだけですね。
プリンセスとアンジェは自分たちの大望の為だし、ベアトリスはプリンセスが全て。

仲間意識の一番強いドロシーがこんな状態なのはちょっと不憫だし悲しいところ。
この嘘偽りだらけの空間がちょっとずつ見てて重くなってきそう。

チーム白鳩


潜入捜査員のミスのせいで王国側が察知して追跡劇が開始。
カーアクションは見応えありました!完全にルパンをオマージュしてたと思う。
そしてベアトリスがいちいち可愛い。チーム白鳩のマスコット的存在ですね。

あのプリンセスの行動は疑われると思ったから取った行動なのかな。
そのおかげでドロシーは完全にプリンセスのこと信じたし、ケイバーライトと研究員を自ら奪取するような動きでコントロールも欺けたわけだ。

プリンセスのやりたいことがまだ全然見えてこない。1話でCase13を見たけどまだコントロールに所属していたし、これどう話を転がすんだろう。

毎話締め方が綺麗で素晴らしい。ドロシーはいい子。
願わくは、ドロシーがショックを受けない物語の結末を。

以上、「プリンセス・プリンシパル 4話 感想」でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。