『プリンセス・プリンシパル』全話分の感想まとめ!OPED,キャストコメントなどもご紹介!

どうも、タチバナです。

”プリプリ”こと少女たちのスパイアクションを描いたスチームパンクアニメ「プリンセス・プリンシパル」の各話感想をこの記事にまとめています。
全てネタバレ満載の内容になっておりますので、未視聴の方はご注意ください。
この記事は最終回まで随時更新していきます!

スポンサーリンク

プリンセス・プリンシパルとは

19世紀末、東西に分裂したロンドンで繰り広げられる少女たちのスパイアクションアニメ。

ロンドンでは、王国側(東側)と共和国側(西側)で覇権を争う影の戦争が10年に渡って行われている。
主人公たちは王国側にある伝統と格式ある名門、クイーンズ・メイフィア校に在籍しており、共和国側の諜報機関”コントロール”のスパイとして、女子高生を隠れ蓑に王国でのスパイ活動を展開。

変装、諜報、潜入、カーチェイス……。
少女たちはそれぞれの能力を活かし、影の世界を飛び回る。

オープニングテーマ曲・エンディングテーマ曲

The Other Side of the Wall (feat. Maru)
アーティスト:Void_Chords feat.MARU
リリース:2017/07/26

A Page of My Story
アーティスト:アンジェ (CV. 今村彩夏), プリンセス (CV. 関根明良), ドロシー (CV. 大地 葉), ベアトリス (CV. 影山 灯) & ちせ (CV. 古木のぞみ)
リリース:2017/08/02

OPがオシャレでパワフルでスタイリッシュでカッコイイ!
緊張感のある感じがアニメとも良くマッチしていると思います。
こちらの記事で感想/レビュー書いてますので良ければどうぞ。

各話感想と個人的評価

1話「case13 Wired Liar」

『プリンセス・プリンシパル』第1話 感想 抜群の見応え!少女たちのスパイアクションにワックワク

2017.07.10
1話の中で起承転結がしっかり描かれていて、ダークファンタジーなスチームパンクの世界観に強烈に惹かれた。
シリアスなスパイアクションを美少女が繰り広げるっていうミスマッチも魅力的。
ワクワクさせてくれる内容で、1話の掴みとしては完璧だったと思う。

2話「case1 Dancy Conspiracy」

『プリンセス・プリンシパル』第2話 感想 「嘘」をスパイスにした素晴らしいストーリー構成!面白い!!

2017.07.17
「嘘」というテーマを見事に描ききった見応えのある、こちらが騙されるような内容だった。
昨今では珍しい時系列バラバラってのも面白いし、巧妙なストーリーに惹かれます。
アンジェとプリンセスが過去と2人の計画が気になるところですね。

3話「case2 Vice Voice」

『プリンセス・プリンシパル』第3話 感想 ベアトリスの掘り下げ回!この物語の目的もはっきりした!

2017.07.24
ベアトリスの過去と加入に至った経緯が描かれていたベアトリス回!
アンジェとベアトリスの関係性が深まる描写や、ルパンを見ているかのようなアクションは見ていて楽しかった。
とりあえずベアトリス可愛い。

4話「case9 Roaming Pigeons」

『プリンセス・プリンシパル』第4話 感想 スパイ5人組チーム白鳩!白ってのが特に良い・・・!

2017.07.31
時系列がかなり飛んで、5人揃ってのスパイミッション。そしてチームの名前が決まった回。
内容は、王国側が小型化に成功したケイバーライトを5人が奪取するというお話。
追跡劇のカーアクションがあったり、5人がまだお互いを信用できてなかったりする複雑な関係性が見れたりと見応え抜群でした。
1話の中で伏線と回収が綺麗に行われていて、見終わったあとの満足感がとてもある。

5話「case7 Bullet & Blade’s Ballad」

『プリンセス・プリンシパル』第5話 感想 見応えのあるアクション満載のまさに神回!ちせ加入回!

2017.08.07
ちせ加入回。アクション満載で、剣戟のシーンは圧巻のクオリティだったと思う。
刀と刀が交わる音も特徴的で、丁寧な描写とBGMも相まって臨場感と躍動感を感じられた。

6話「case18 Rouge Morgue」

『プリンセス・プリンシパル』第6話 感想 切なすぎるドロシー掘り下げ回!でもなんかメッチャ美しい・・・。

2017.08.14
ドロシーの背景が描かれたドロシー回。
ゾクゾクするような鬱展開で、これまでで一番救われない切ないお話だった。
愛情に飢えてるドロシーの姿にグッとくるものがありましたね。
話の構成やシーンの演出が秀逸でした。

7話「case16 Loudly Laundry」

『プリンセス・プリンシパル』第7話 感想 チーム白鳩が洗濯屋に潜入!各々の個性が光るほっこり回!

2017.08.21
これまでのハードな内容が嘘のようなほっこりした日常回。
たまにはこういうのもいいですね。箸休め的な感じでキャラの個性を存分に見せてくれて楽しませてくれたと思う。
チーム白鳩の脇の甘い部分が結構気になり始めたので、これが後々響かないといいんだけど・・・。

8話「case20 Ripper Dipper」

『プリンセス・プリンシパル』第8話 感想 「今日は、王女とスリの話をするわ」物語に一本の筋が通った重要回!

2017.08.28
2話であったアンジェとプリンセスが入れ替わった経緯を描いたお話。
プリンセスが王女になりたい理由もはっきりわかったし、どんな境遇を経て2人が今を生きているのかを見せてくれた。
演出も丁寧で、2人の心理が深掘りできた素晴らしい内容でした。

9話「case11 Pell-mell Duel」

『プリンセス・プリンシパル』第9話 感想 「やるからには絶対勝たなくてはならない」プリンセスの重い一言が印象のちせ回!

2017.09.04
クイーンズ・メイフェア校での学園の様子を描いたほっこり日常回。
ちせにスポットが当てられていて、日本とのカルチャーギャップを楽しむような内容でした。
遊び心が満載で眺めるアニメとして楽しめました。

10話「case22 Comfort Comrade」

『プリンセス・プリンシパル』第10話 感想 「どいつもこいつも嘘つきばっかりだ・・・」ドロシーのこの言葉が重すぎる…。

2017.09.11
最近のほっこりした内容から一転してダークなお話。
スパイ養成所の旧友との合同任務からの2重スパイ容疑での断罪。最後はなかなか重くてこの容赦のなさが素晴らしいところだと思う。
そしていよいよ最終回エピソードに入っていく流れでプリンセス暗殺の命がコントロールより下された。


以上、「プリンセス・プリンシパル感想まとめ」でした。
この記事は都度更新していきます。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。