プロフィール

自己紹介


はじめまして、ブログ「あげまんラボ」の管理人のタチバナと申します。
アニメ・ゲーム・マンガ略して”あげまん”が好きなアラサー男子です。めちゃくちゃ適当にブログのタイトルを付けました。今は少し後悔しています笑

趣味は、アニメを観ること、ゲームをすること、マンガを読むことです。そして、ブログをやるのも好きなのでこうして全てを絡めて楽しんでいます。

ブログ歴は約12年ほど。
FC2などの無料ブログを経て、現在はWordPressにて運営しています。
イチから1つのものを作り上げていく一種の”ものづくり”を楽しんでやっている感覚で、毎日のようにブログに触っていないともう気持ち悪いくらい。それくらい自分の生活の中に、ブログというものが染み付いています。

それと同じく、アニメやゲーム、マンガも生活の一部になっていて、日々これらの物事を楽しんでいます。なんとなく、若いころは、歳を取ればいずれ卒業することになる趣味なのかなと思ってはいたものの、未だに普通に楽しめているアラサーという感じです。

アニメはこれまでかなり見てきました。
基本的には毎期スタートした新アニメは、女性向けアニメやショートアニメ以外は1話は見ます。かなり詳しい方だと思います。
アニメブログ管理人が厳選!最高に面白いおすすめアニメランキング100
好きなアニメランキング記事も作ってますので、良ければ見てくださいませ。

そして、マンガもめちゃくちゃ読みます。
かなり色々と幅広く読んでますのでこれも詳しい方だと自負してます。ジャンル別におすすめランキングも作ってますのでぜひ。
ガチのマンガ読みが厳選!本当に面白い漫画おすすめランキング!2018年最新作から超名作まで!

ゲームはパソコン、スマホ、据え置きハード、携帯機で割りとなんでもやります。
昔はオンラインゲームにハマって遊んでた時期もありましたが、最近はもっぱらスマホゲーですね。

当ブログについて

基本的には、アニメやゲーム、マンガに関することでタチバナが気になった情報や感想なんかを書いています。特に何事にも縛られずに、自由きままに発信中。

このブログを始めたワケ

「ツイッターでやれよ」という声も聞こえてきそうですが、ツイッターでは文字制限があり、いかにコンパクトに分かりやすく伝えられるかという点に意識しなければいけません。

どこかで聞きましたが、昔の日本人が短歌を嗜んでいたように、ある程度制限があるツイッターは日本人の性質にあっているらしいです。日本でのツイッターの普及っぷりを見ると、その通りなんでしょう。

しかし、短くまとめるということは自分の中の感情の余剰を切り取って、口ざわりの良いように編集するということになります。これでは文章を好きに書くという欲求に制限がかかりストレスになるので、タチバナにはツイッターは最適な場所ではなかったんです。

ツイッターでは得られない「自分の想いや欲求を吐き出す場」としてブログを始めたというワケです。

このブログの目的

良し悪し関係なく、作品を観たり読んだりしたあとってその感情を誰かと共有したくなったりってありませんか?

映画を観て帰りながら友達と内容について話したり、帰宅してから感想サイトを回ったりとたぶん誰もがやってるんじゃないかと思います。
自分が思った感想と見比べてみて、「こんなふうに感じる人もいるのか」「こんな解釈があるのか」という新たな発見を見つけたりするのも楽しいし、「そうそう、ここ良かった!」「やっぱみんな面白いと感じてるなぁ」と共感するのもこれまた楽しい。

作品そのものだけでなく、こういった余韻を楽しむのも一つの醍醐味だと思うんです。

このブログでは、そういったタチバナの個人的な感想や好きなもの、ランキングなどを色々書いています。自分と同じように、余韻を楽しみたい方の一つの楽しみとして見て読んでいただければ幸いです。

ツイッターアカウントと更新情報について


サイトの更新情報を流すようにしています。
更新情報以外一切いまのところ呟いていないので何の面白みもありませんが、よければフォローしてくださいませ。

もっと色々呟いていけそうな気もするんだけど、今更の方向転換がなかなか難しくてあまり上手く活用できていません。

リンクについて

当ブログへのリンク設定は自由です。リンクフリーなので連絡不要です。

免責事項

あげまんラボ(以下、当ブログ)のすべてのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。

当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。

本免責事項、および、当ブログに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。予めご了承下さい。


お忙しい中、最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。