『コードギアス復活のルルーシュ』感想/レビュー ファンのための至高のエンターテイメント作品!

どうもタチバナです。

ゼロレクイエムの続きを描いた映画「コードギアス復活のルルーシュ」を視聴してきました。
途中からネタバレあり感想になりますので、未視聴の方は注意してください。

コードギアスを初めてみた時から、一番好きなアニメはそれ以来ずっと変わらずコードギアス。中でも特別好きなのが”終わらせ方”でした。ゼロレクイエムには心が震えたし、こんなにも完璧な終わらせ方ってあるんだと感嘆しました。

だからこそ、その続きを描くこの企画を聞いた時は「なぜ・・・」という気持ちでいっぱいになりました。ファンなら誰しもが思ったはずなんです。ただ、それと同時に、またルルーシュが見られるかもしれないという期待と興奮は並々ならぬものがありました。

観たいけど、観たくない・・・。そんな複雑な想いに10年経った今させられたわけですよ。
そしてやっぱり、大好きな作品だからこその期待と興奮は無視できるはずもなく。公開初日に意気揚々と足を運びました。

本当のファンなら、観に行っちゃいけない作品なのかもしれない。だってこれはただの蛇足だから。谷口悟朗監督もそんなことは重々承知の上で、批判覚悟として制作を決めたみたいです。

でも、10年経った今だからこそ許される内容だったのかなと思います。
もう10年も前の作品だし、綺麗に終わったんだけど続きが観たいというファンの夢を叶えてもいいタイミングだったんだと思います。

しっかりとTVアニメ版とは区別してシャーリーが生存したパラレルワールドのお話という体だったし、「こういうのが見たかった!」という展開の連続で、オールスターメンバー勢ぞろいのコードギアスに興奮しないわけがなかった。

本当にファンには嬉しい内容になっていたと思うし、最後のオチはありきたりなのかもしれないけど嬉しすぎました。なんか色々満たされた感覚。ハードルは半端なく高かったんだけど、コードギアスファンのために作られた素晴らしいのエンターテイメント作品だったと言い切れる。

ただ、手放しに最高だったというわけでもなく、ほんの少し物申したいところもあった。ファンムービーにあれこれケチを付けるのも無粋かもしれないけど、少しだけ触れていきたい。
ここから先はネタバレを含んだ感想になります。

劇場に観に行くとこんな素敵な色紙がもらえます。大きさは縦13.5cm横12cmくらい。

コードギアス復活のルルーシュ 感想


本当にルルーシュは復活するのかと思いながら観に行ったので、こんなにルルーシュが出ずっぱりな内容だとは思わなかった単純に。だからかなり興奮したし、序盤の胸を締め付けられるようなルルーシュの姿に唖然となった。
C.C.と二人でこんな生活をずっと送ってきたのかと思うと辛くなりましたよ。

この世界で
アーティスト:家入レオ
リリース:2019/01/30

そこからのオープニング主題歌の家入レオさんの「この世界で」の破壊力。メロディアスなメロディとともにC.C.とルルーシュの旅の様子が流れて凄く良かった。たったひとつの希望に縋るC.C.の1年間を想像させられてたまんない。

思うに、コードギアス復活のルルーシュはファンムービーであると同時に、C.C.の願いを叶える、C.C.を幸せにしたいという制作陣の熱い想いが反映された映画だったと思います。

TV版でルルーシュがC.C.に言った「俺は本当のお前の願いを知っているぞ!最後くらい笑って死ね!必ず俺が笑わせてやる!だから俺と…(R2#15)」という伏線を10年後しに回収しにかかったわけです。さらにルルーシュは「お前が魔女だというのなら、俺が魔王になればいいだけだ(R1#25)」とも言ってました。

それらを全部回収したエンディングからのラストはもうこれC.C.のための映画だったと言わざるを得ません。
ルルーシュが名前を捨ててL.L.として生きていくことに決めたというのは、ずっと同じ道を歩んでいくということと同義でありルルーシュなりのプロポーズだったんです。だから最後にC.C.の特大の笑顔が見れたわけですね。長過ぎる彼女の人生に訪れた救いのシーンだったんです。

エンディングで流れた二人の姿も感慨深いものがありました。
冒頭やオープニングでさんざん重い荷物を背負っていたC.C.の荷物をルルーシュが担いでくれてました。これはC.C.の重荷はもう降ろせたという演出だったと思います。

そして、魔王と魔女としてギアスを授けるラストシーン。
C.C.はルルーシュにギアスを授ける際、「王の力はお前を孤独にする」と発言していました。それがラストのルルーシュのセリフでは「王の力はお前を孤独にするかもしれない」と言い換えていました。これはこのコードギアスという物語がハッピーエンドであることを表したラストだったと思います。この言い換えが最高すぎて言葉になりません。

たしかにゼロレイクエムの後は蛇足でしかなかったんだけど、こうやってC.C.の物語としてみるとこれは必然性があったんだと思えてくる。そう思わせるような作りになってるのは素晴らしいとしか言いようがない。

もちろんそれだけではなく、ファンが見たかったであろうシーンの数々は感慨深いものばかりでした。挙げだすとキリがないけど、中でも個人的に一番グッときたのはスザクとカレンの共闘。この二人が仲良く機体の性能とか操作性の話をしてるのは泣けてくるくらい感慨深いシーンでした。しかも最後はお馴染みのランスロットと紅蓮でフィニッシュなんて最高すぎて痺れました。

カレンの「これがルルーシュの望んだことなのか」や、ルルーシュの復活シーン、カレンの涙、スザクとの再会、ナナリーとの再会など、これまでは見られなかったキャラクターの関係性が見られたのも良かったです。

ただやっぱり、全体的にかなり駆け足だったのが悔やまれる。これだけの密度が一本の映画に詰め込まれていたら仕方ないんだろうけど、もっと丁寧に濃厚に見たいシーンだらけだったので物足りなさが残ったのも事実。具体的には、ルルーシュとナナリーの再会シーンなんかはもっと時間かけてほしかったなと思います。この点に関しても挙げだしたらキリがない。




あと言及しないといけない2つの点。
1つはシャーリーですね。このキャラのおかげでパラレルワールドというのが明確になってるし、正直、生存ルートなんだからもっと出番をという気持ちもありますがシナリオに絡んでくることはほぼありませんでした。でも、TVアニメ版での胸糞展開が回避されたというだけでファンサービスでもあるし個人的には十分嬉しい。最後エンディングでの一枚絵が見れて幸せ。

もう1つがスザクのその後。
本来、ゼロレクイエムに対してルルーシュとスザクの二人で責任を取るはずだったのに、スザク一人がその十字架を背負って生きていくような印象を受けました。自分はゼロになれないと自覚してしまっているのに、これからもゼロとして生きていかなければならない残酷さ。ゼロレクイエムの中でずっと孤独だったと告白したスザクのエンディングのあの後ろ姿はかなり辛いものがありました。
たぶん、シャムナと手を組んでユフィ生存まで時間戻せるならスザクはそっちを選んだんだろうな。もっとスザクに救いがあっても良かった。

絵作りは、あえてなのか予算がないのかはわかりませんが、限りなくTVアニメ版に近い作画とCGを極力抑えたナイトメア戦などはこれぞコードギアスって感じだったし、十分見応えのある戦闘シーンが見られたと思います。劇場版クオリティというのはなかったけど、個人的にはガラリとイメージ変えられるよりは素のままを楽しめたので良かったと思います。

コードギアス復活のルルーシュ 劇場で見た人の感想

これで終わり感が悲しい
とりあえず、ギアスの最終回から、この映画まで生きててよかったと思えたし、ルルーシュは最高でした。ただやっぱり自分の中で納得できない部分も多くあり(シャーリーとか)スザクのファンは物足りないんじゃないかな、とか。ただ一番は、最後のはいらなかったなぁ。と。きれいに終わっちゃうじゃん!悲しいからそんな先は見たくないな。と思いました。
ただ続きを見たい人の為だけの劇場アニメ
間違いのない、見事なまでの正統な続編といっていいにかもしれない。復活なんて・・・と思いつつも、結構欲求が満たされた感じだったし、なんかやっとこれで終わったのかな?と勝手に思ったりもしている。このコンテンツは初見という人にはおすすめできない。話も理解しづらいだろうし、特段絵的に優れているとは思えないからだ。だから総集編的な映画があったのね、と今更ながらに理解する。面白かったと思うけど、ただそれだけのこと。
蛇足、しかし
テレビ版を大傑作と考えている自分にとっては今作品、最終話のあの感動(と言うと実は違うのだが他に表現が見つからない為とりあえず)を損ねる「蛇足」以外の何ものでもないのだが……ただそう切り捨てるにはとても惜しい、というかこれはこれで「ファンが望んでいた物語」であると思うし何よりCCの救済をより具体的にわかりやすく恋愛的に(これ重要)描いたというところでCC大好き恋愛もの大好きの自分にとっては大傑作であったのです。シャーリーを劇場版で生かした為、そこに水を差す感情も生まれなかったし。エンドロール後の「あれ」もそうなっていくのねとある種納得笑 新しいナイトメアも出てきたし、派手な戦闘あり、超手強い敵あり、何より「彼」の無双あり(!)で大満足でありました。

総評

これほど続編を作る上でハードルの高いアニメってないと思うんだけど、究極なまでにファンを喜ばせることに特化させて視聴後の後味も良い、ギアスファンのための至高のエンターテイメント作品になっていたと感じます。

もっと尺がほしいとは感じたので、映画2本分くらいに収まる形で作ってくれていたらより素晴らしいものになっていたんじゃないかとも思いますが、一本勝負にかけた谷口悟朗監督はじめ制作陣の方々の心意気はカッコイイ。
多少の駆け足やご都合展開は致し方なしと割り切って、エンタメ極振りの感慨深さ全開のファンムービーだったと思います。

相変わらず、敵味方全てのキャラが魅力的で、コードギアスが好きで良かったと思える作品でした。

以上、「コードギアス復活のルルーシュ 感想/評価」でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。