『RErideD-刻越えのデリダ-』第2話 感想 ターミネーターやアイロボットを彷彿とさせる世界観!

どうもタチバナです。

近未来ハイエンドSFアニメ”リライデッド”こと「RErideD-刻越えのデリダ-2話を視聴しました。
ネタバレあり感想を書いていますので、まだ未視聴の方は注意してください。

B級SFアニメとしての地位を確立しそう。中華制作なのかと思うくらい演出がイマイチで場面の繋ぎに違和感を感じるし、なにより絵作りがシュール。

殺伐としたハードな世界観がどことなくターミネーターとかアイロボットを彷彿とさせますね。キャラデザとかメカデザイン、世界観は割と好きだからもう少し様子見。

2話あらすじ(クリックorタップで表示)
デリダが冷却睡眠装置から目覚めたとき、10年の時が経過していた。荒廃し、暴走したDZの群れがひしめく2060年の世界で、DZに襲われていたデリダを救ったのは、デストラクトのヴィドーという男だった。ヴィドーは、人工知能ナビを搭載した車・グラハムと、娘のマユカと共に請負仕事をしているという。混乱しながらもネイサンの最期の言葉を思い出したデリダは、マージュ探しへの同行をヴィドーに依頼するが……。(引用:RErideD-刻越えのデリダ-公式サイト)

前回の記事はこちら

『RErideD-刻越えのデリダ-』第1話 感想 逃避行の末、冷凍睡眠装置に落ちた!

2018.10.04

RErideD-刻越えのデリダ- 2話「世界に残されたものは」ツイッター感想

@direct_crossing

2話視聴。主人公が金もないのに、命の恩人のおっさんに強気で自分勝手なのが気になるな。終始、主人公デリダの自分勝手な展開。マージュは死んじゃったのか。でも、時間超躍やってるのかな。

2018-10-11

@celsius220

2話、単にデリダが目覚めたあたりの一帯が荒廃しただけで、世界は滅んだわけではなかったようだ。アンドレイもヘタレな割に生き延びていて(笑)生存が確認されたデリダに刺客を差し向ける。ロボットとの戦闘シーンやメカデザインなんかは結構格好いい

2018-10-11

@gakuyanosan

いきなり10年後はターミネーターの世界でしたか。素敵なオジ様(死にそう)と可愛い娘さんが出た事で視聴意欲は高まりましたが,流石にト○ンプまんまは怒られないかい?修正パッチがやはり鍵になりそうですが,友人が裏切ってってのは定番過ぎるかしら?

2018-10-11

@skyblue_sunny

RErideD2話。前回デリダが見た幻影はマージュとは別の少女だった。
彼女の正体については、時間跳躍の実験が鍵を握るのは間違いないだろう。
暴走するDZのパッチはなぜ開発されなかったのか。デリダ以外には作れないのか、何者かに開発を制限されていたか…まだまだ謎が多い。

2018-10-11

@towilly1

主人公のデリダが動き、行動、言動、思考なにもかもが面白い。シリアスでいてギャグ。先週の自発的コールドスリープを落ちたと言い張ったりゴキブリみたいな動きとカメラだろ!?→ズドン!の流れが面白すぎる

2018-10-11

@mitutaka0109

デリダくんコールドスリープから目覚めてすぐだから平和ボケして銃撃たれてるのちょっと頭悪すぎないか。マージュ死んでるってのコールドスリープ疑惑あるな。なんかそれなりに面白い

2018-10-11

@long_rain

「RErideD-刻越えのデリダ-」アンドレイという名のデリダの上司、『うざいったらうざいよ』『おっとまずいよ』とか喋り方面白い(笑 前回こんなキャラだったっけ?キャラ変わってない?(笑 『それはカメラだろ?』→ズドン!の流れもそうだけど、本作はやはり“シリアスな笑い”が多いな。

2018-10-11

以上、「RErideD-刻越えのデリダ- 2話 感想」でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。