『冴えない彼女の育てかた♭』第10話 感想 エリリとウタハの会話劇!感情こもってて素晴らしい見せ場の神回だった!

ウタハ先輩大好きタチバナですこんにちわ。

冴えカノ”の2期にあたる「冴えない彼女の育てかた♭10話を視聴しました。
ネタバレあり感想を書いていますので、まだ未視聴の方は注意してくださいね。

ウタハ先輩とエリリの会話劇は見入ってしまった。
単純なラブコメ作品とは一線を画しているよね。
これまでのラブコメ要素を土台にしてくるとか、冴えカノの奥深さには感服です。

クリエイター2人が人として、クリエイターとして成長するレールにガッツリ乘ったけど、残りの倫理君と加藤が置き去り感MAXなのが心配。
おそらく、もう話数的にも残りは置き去りコンビの今後の方針が描かれていくのかな。

いやしかし素晴らしい回だった。

冴えカノ♭10話あらすじ
高坂朱音から、20年続く人気RPG「フィールズクロニクル」の新作に参加しないかと誘われた英梨々と詩羽。打ち合わせの場で、英梨々は絵が描けないのはスランプではなく、ただ下手なだけだと罵倒され、詩羽は英梨々のおまけとして扱われてしまう。悔しい思いをする二人であったが、クリエイターとしては魅力的な企画に、心が揺れてしまう。

前回の記事はこちら

『冴えない彼女の育てかた♭』第9話 感想 過去一番のシリアス回!紅坂朱音が満を持して登場!

2017.06.09

スポンサーリンク

冴えない彼女の育てかた♭ 10話「そして竜虎は神に挑まん」感想


とてもいいサブタイトル。まさに今回の内容をカッコよく的確に表したタイトルだと思う。
もう完全に主人公である倫理君抜きの話だったけど、実際これダブル主人公体制だよね。
ラブコメ要素は倫理君が主人公してるけど、そうじゃない成長を描く部分ではエリリが主人公していると思う。

そしてどちらの要素でも凄まじい存在感とアクセントになっているウタハ先輩。
彼女のそんな健気な立ち位置に惹かれて仕方ない。

悔しい。悔しいわよそんなの決まってるでしょ!
あなたみたいな商業デビューもしてない同人絵描きの添え物みたいに言われて、プロの私がなにも感じないはずがないでしょ!

ウタハ先輩のストレートなこの気持ちには、彼女が人一倍誇りを持ってプロのクリエイターとしてやってきているのを知っている分、胸にグッと来るものがあった。
だから覚悟なさい」というウタハ先輩の芯の強いブレないメンタルは素敵すぎた。

ウタハ先輩はたしかにどちらの要素でも辛い報われないポジションだけど、それでも健気に強く前に進もうとするその姿が魅力的すぎる。
だからこそ、ウタハ先輩推しのタチバナでも辛い境遇でもこの強くあろうとする姿が見れるだけで、報われるし心から応援できる。

元々私に選択肢はないのよ澤村さん。

儚く哀愁漂う発言だったけど、その後ろ姿は凛としたカッコよさがあった。

そこからのウタハ先輩のサービス全開神カット。


グッドであり、グレイトであり、そしてゴッドだった。
本当にありがとうございました。

エリリ×ウタハ


いやもう普通に泣けた。
倫理君の側にいたら、倫理君の求めてる凄いイラストレーターになれないことを痛感するエリリ。
自分を高めてくれる人が倫理君じゃないと悟るエリリ。なんという切なくてドラマチックな話なんだ。

恋と仕事で仕事を選んだという単純な話じゃなくて、倫理君の求めるクリエイターになるために自ら甘い環境を離れて、成長するために厳しい環境に身を置くことにした心苦しい心境。

倫也が側にいると書けない・・・。

倫也も私に書かせることが出来ない・・・。

サークルに居たままじゃ、今より前に進めない・・・。

倫也が求めてる凄いイラストレーターになれないよおおおお。

そう言って今までの殻を破りに行くことを決意したエリリには、涙せずにはいられなかった。
声優さんの演技も素晴らしくて、感情のこもったエリリ特大の見せ場は紛うことなき神シーンだったと思う。

それで終わらないのが冴えカノクオリティ。
2期の1話で2人の出会いを見たからこそ、エリリとウタハが認め合い2人で高みに登ろうと決めた今回の演出はたまらないものがあった。

紅坂朱音に舐められてるんじゃないわよ。霞詩子。

あいつは一つだけ見逃した。

あんたの才能を、あんたの努力を、あんたの諦めの悪さを。

霞詩子の凄さを理解してない紅坂朱音なんて、全ッ然大したことない!

2人で紅坂朱音を倒すわよ。

これは号泣。
ツンデレエリリがストレートにぶつけてくるこの演出は、熱すぎる
その時に涙したウタハ先輩、そしてグっと決意して笑顔になるウタハ先輩、控えめに言って最高だった。
2人のグータッチは、これまでの2人のやり取りを全て綺麗に回収した素晴らしいシーンだった。

倫理君と加藤


そしてラストに真打登場。
クリエイター2人が凄まじく盛り上がってしまった裏でさてどうするのか。
エリリとウタハはどんどん変わっていく描写だったから、こっちのほのぼのとの落差がひどい。

いまいちパッとしないから、この2人のデートがどうなるのか楽しみすぎます。

久しぶり。

今からデートしよう。

デートしてみよう、私達。

こっちは単純なラブコメ要素で締めてしまうんだろうか。
傷心の倫理君に加藤がどう出るのか。

サークル活動の行く末は全て加藤が握ってる気がしなくもないこの後の展開。
神回だった10話だったけど、次の加藤ちゃんに激しく期待!

そして期待を裏切らない次回予告!

かなり笑えたので是非視聴をオススメします。

以上、「冴えない彼女の育てかた♭第10話 感想」でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。