『サクラクエスト』第18話 感想 ここにきてハートフルなストーリー!目覚めるIT大臣!

どうもタチバナです。

国王になった女の子の奮闘を描くTVアニメ「サクラクエスト18話を視聴しました。
ネタバレあり感想を書いていますので、まだ未視聴の方は注意してください。

潔いキャラの使い捨てが見れた。
ここまで綺麗にお役御免で消えていくキャラもいない気がする笑
ハートフルストーリーになっていて、ちゃんと町興しらしいことができていて良かった。

国王は1つ目のクエストクリアで神器剣鉾をゲット!

サンダルさんによる18話あらすじ(クリックorタップで表示)
国王が人質になりました。クーデターといっても実際は、ほぼ宴会でした。人は楽しそうなところに集まると教授は言います。国王を迎えにきたはずのガテン大臣も参加することになりました。蕨矢集落には間野山から沢山の差し入れが集まりました。鈴腹教授の本当の目的は、もうすぐ消えてしまうであろう集落の文化をデジタルアーカイブとして残しておきたかったことだったのです。老人たちもインターネットを使いこなせることになったことで、IT大臣と路線バスの運転手の高見沢が協力し、予約制のデマンドバスを考え、試験運行することになりました。集落のお年寄りたちも喜び、独立宣言を撤回したのです。こうして鈴原教授の試験に合格した国王たちは、教授が残したヒントから三種の祭具である「剣鉾」を探し出すことができたのでした。(出典:サクラクエスト公式サイト

前回の記事はこちら

『サクラクエスト』第17話 感想 ふわっふわしたお仕事内容!1つ目の神器剣鉾を求めて

2017.07.27

スポンサーリンク

サクラクエスト 18話「ミネルヴァの盃」感想


この麻雀ホント憧れるわ~。田舎でこんなことしてみたいなぁ。
サンダルさんみたいな生活に凄い憧れます笑

今回のクエストは神器探しという名目で、この教授から地元の人間の考え方や意思を汲み取らせてもらったということかな。
中々重要なポジションにあったおじさんでした。

高見沢さんカッコイイ。唯一感情移入できるキャラかもしれない。

杉田、逝く


見事に集落をデジタル化。これはもう偉業でしょう。
今回の早苗の活躍っぷりは凄まじいものがあったと思います。

早苗は教授の考え方や意思に感化されて、今後の身の振り方を決めたような感じですね。
そしてこの教授が残したノートを活かして試行錯誤していくんでしょう。
まあこのために教授は逝ってしまったけど、まさか死人がでるとはね。

早苗がこうなったということは、他の4人のエピソードも入ってくるのかな。
おかげで他の4人がどうなっていくのかを見るのが楽しみになりました!

次は2つ目の神器のクエストが開始!

以上、「サクラクエスト 18話 感想」でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。