『サクラクエスト』第20話 感想 「以上の方はお帰り頂いて結構です」ってそりゃないぜ!!

どうもタチバナです。

国王になった女の子の奮闘を描くTVアニメ「サクラクエスト20話を視聴しました。
ネタバレあり感想を書いていますので、未視聴の方は注意してください。

初めてこのアニメの余韻でエンディング完走しました笑
同時進行していたものが上手いこと全て話の流れで収まった感じでスッキリ。
2つ目の神器と、学校の件、リリコの歌の件、おでんちゃんの件が1つのストーリーで完結していた。
おでんちゃんと親父の関係も不器用ながらも綺麗に着地していたと思う。

サンダルさんによる20話あらすじ(クリックorタップで表示)
国王たちは、廃校になった校舎を使って給食会を開いていました。そこに、東京でオーディションを受けたガテン大臣が帰ってきました。誰も来ないので、スタッフで美味しく給食をいただきました。ガテン大臣から中学校に関心が薄い理由を聞いた国王は、閉校式をしようと考えました。閉校式のメインイベントとして「血まみれサンタ」の劇をガテン大臣制作総指揮でやってもらうことにしました。色々準備するガテン大臣はとても楽しそうでした。当日、劇は成功して、国王は学校を文化の発展拠点にしましょうと演説しました。そして、ガテン大臣はこの場所に劇団を立ち上げ、みずち祭りで「龍の唄」の劇をやることにしました。(出典:サクラクエスト公式サイト

前回の記事はこちら

『サクラクエスト』第19話 感想 夢に向かって走り出すおでん探偵!

2017.08.10

スポンサーリンク

サクラクエスト 20話「聖夜のフェニックス」感想


おでんちゃんがアッサリとオーディション落ちててビックリ&ショック。
てかあの名前呼んで、呼ばれた人は帰ってくださいって酷くないですか笑
かなり胸糞悪いオーディションだよね。それともあれが普通だったりするんだろうか。

そこからの学校閉校式もとい開放式はテンポ良く話が進んで珍しく退屈しなかった。
これほど国王たちの仕事がトントン拍子に進むことも今までなかったんじゃないかな。

母校であんな風に給食を食べるって、ちょっとした夢だよなぁ。

間野山市立第二中学校閉校式


演技してるときのおでんちゃんのイキイキした姿は新鮮だった。
国王が言ってたけど、ほんの一面しか知らなかったってまさにそんな感じ。
舞台終わりのおでんちゃんの笑顔が見れて良かった。おでん頑張った。

そしてそこで自分の新しい道を見つけられたのもなんだかほっこり。
間野山で劇団立ち上げてどうなるか行く末が気になる。

思ったけど、閉校式と同時に祭りの準備もするって言ってたけどなにも進めてなかったような笑
町興しが誤魔化されてる感がありますが、流れに身を任せてたら太鼓が治るという奇跡が起こったので結果オーライですね笑

話のオチもグッド。
ほっこりと余韻に浸れるいい回でした。

以上、「サクラクエスト 20話 感想」でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。