『正解するカド』第11話 感想と考察 人類と未知との遭遇?いいえ、ヒューマンドラマです。

タチバナですこんばんわ。

人類と未知との遭遇を描くTVアニメ「正解するカド11話を視聴しました。
ネタバレあり感想考察を書いてますので、まだ未視聴の方はご注意ください。

やっと真道さんが主人公しだした感じ。
ヒューマンドラマを見ているようなつかいさんとのやり取りは面白かったです。
ザシュニナもつかいさんも人間味溢れてるし、こんな展開が予想外すぎたけど最後まで見届けたい。

もう今更突っ込んでも仕方ないので、このヒューマンドラマがどうなっていくのか楽しみ。
これほど軸足がどこにあるか分からないアニメも珍しいけど、これはこれで面白い気もする。

11話あらすじ
ヤハクィザシュニナの企みを阻止すべく力を振るうも敗れた徭沙羅花は、隔絶空間で深手を負った真道幸路朗の傷を癒しながら、この宇宙に降り立った想いを打ち明けた。一方ザシュニナは複製真道とともに『ナノミスハイン』を人類へと広め始めた。

前回の記事はこちら

『正解するカド』第10話 感想と考察 これまでが嘘のような分かりやすい展開!切り替え大事。

2017.06.17

スポンサーリンク

正解するカド 11話「ワノラル」感想


ナノミスハインも人類にガッツリ干渉していってるみたいで、これはもうリセットエンドになるんだろうか。
物語の決着がついてもこの異方の技術は残ったままなのかな。

このアニメはことごとく視聴者を予測を裏切ってくるから、どうなるのか見もの。
地味に、裏切ってくるというエンターテイメント性を楽しめてるかもしれない

真道さんもつかいさんも平気で外うろちょろしてるし、先週の隔絶空間はなんだったんだ笑
それとも、つかいさんが隔絶空間を操っているのかな。
そうでもしなきゃさすがにザシュニナがやってきそうだけど、こっちで脳内補完しておくべきところなのかな。

品輪博士が異方に行くフラグが立った気がする。
行きたがっているように見えたし、もしかしたら元々異方存在の可能性も・・・?
先週の異方同士の会話から、もう一人異方存在がこの宇宙に来ているのはハッキリさせてたし、そこを絡めてくるのかもしれない。

そして真道さんとつかいさんのラブシーン。
いつからそんな関係になってたのか謎で、唐突な感じがして仕方なかった。
つかいさん側からの想いはわかるけど、真道さんそこまでつかいさんに入れ込んでたっけ。
いつしか惹かれていたみたいな感じだったのかな。心理描写がちょっと足りない気がする。

アンタゴニクス


このスーツのダサさ!!!笑
もうすっかりネタアニメも板について、ブレブレな感じが最高に面白い。
次回予告でもそうだったけど、物理的に戦うみたいでワクワクが止まらない。
熱いシーンがあるんだろうか。どこまでぶっ飛んでいくのか楽しみすぎる。

花森の反応からして真道さんが捨て身のプランのようだけど、真道さん犠牲ENDもありえる。

最後の真道さんの穏やかな「話そうか」がここからのクライマックスを予感させてくれた。
この物語の一つのテーマである「交渉」を彼がどういった形で進めていくのか、ここはこのアニメが描きたかった部分だと思うから見応えのあるものに期待したい。
次回予告で殴り合おうとしてたけど・・・笑

さて、どうまとめるのか。
なんやかんやで楽しめてるし、最終回期待してます。

以上、「正解するカド 11話 感想と考察」 でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。