『神撃のバハムート VIRGIN SOUL(バハソウル)』第4話感想 作画が神がかってる!主人公はアザゼル?

”バハソウル”こと「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」4話を視聴しました。
ネタバレありで感想を書いていますので、まだ未視聴の方はご注意ください。
前回の記事はこちら→『神撃のバハムート VIRGIN SOUL(バハソウル)』第3話感想 とりあえずリタさんがカワイイ。

アクションシーンの作画が神がかってますねバハソウル。
これだけ動くと目が離せなくなってどんどん引き込まれました。
話もかなり動きだして、面白くなってきた感がしてきた。

2期からスタートで置いて行かれぎみだったけど、見ていて良かったと思わせてくれるような回になってたと思います。
てかこのアニメ、アザゼルが主役?w

スポンサーリンク

赤いドラゴン


アザゼル強いんだけど、なぜか毎回正面突破でアホすぎる。
魔術使ってくるやつがいなかったらもっと戦えると思うし、そいつらから片付ければいいのにw
でもやっぱり戦闘力は人間より魔族の方が高そうなので、魔族側が本気だしたら人間はやられそう。

4話は終始アザゼルが主人公っぽい立ち位置で話が進んでました。
シリアスとギャグもバランスよく入ってたし、面白い回だったなあと思う。
アザゼルのシュールな感じがたまらんw

ニーナもドラゴンになったら暴走するって言ってたけど、ちゃんと敵に向かって攻撃してたり、カイザルを認識して戸惑ってたりと完全な暴走状態じゃなさそうだった。
ニーナがシャリオスを敵対して、しっかりと自我を保てそうなら面白くなりそう。
人間側はまだまだ隠し玉もってそうだし。

ムガロもまだまだ何か隠してそうですし、色々コマが揃い出すと急展開していきそうです。
先の展開にワクワクするアニメで素晴らしい。

魔族の群れと合流


魔族側にもしっかりと爪を研いでるグループがいて安心した。
これから人間と魔族の全面戦争に発展していくのかな。

アザゼル
失った魔族の誇りを取り戻す。
その時が来たのだ。
いよいよ物語のプロローグ部分が終わって、本編に入ってくる感じ。
2クール構成なので丁寧にプロローグの部分ができたと思います。

この魔族の軍勢にニーナも加わる感じなのかな。
面白くなってきた!

そしてこのアニメ、次回予告が見逃せません。
面白かったので置いておきます。

次回も楽しみ!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。