『神撃のバハムート VIRGIN SOUL(バハソウル)』第8話 感想 役者が揃ったバハソウル!物語が一気に動き出す!!

バハソウル”こと「神撃のバハムート VIRGIN SOUL8話を視聴しました。
ネタバレあり感想を書いていますので、まだ未視聴の方はご注意ください。

いやー、ほんとに毎度の如く30分が早い早い。
んで、今回の8話見て思った。やっぱり1期見ないとだめだわww
まだ2期からスタートでも十二分に面白いんだけど、1期を理解した上で見るのとじゃ全然違う気がする。
ジャンヌダルクとか、アフロの人とか、かなり重要人物なんだろうけど1期見てないとどんな人なのか謎すぎる。

これだけ面白いアニメなだけに、それは非常に勿体無いと感じたので!
今更ですが、契約してるdアニメストアにて一気見しようと思います!!!
ほーんと、今更w

だが、見ないわけにはいかない。
今期の中でもトップクラスに面白いし、2クールでまだまだ続くんだから今のうちにね。
来週までには全部見終わるつもりなので、今週の8話まではまだ1期を見てない体の感想になります。
はぁ~1期楽しみだなァ♪

前回の記事はこちら

『神撃のバハムート VIRGIN SOUL(バハソウル)』第7話感想 大戦犯アザゼル!コントしてる場合じゃないでしょ・・w

2017.05.20

スポンサーリンク

バハソウル 8話 「The Day of Defeat(敗北の日)」


やっぱりアザゼルさんのピンチにムガロちゃんが降臨。
絶対絶命のアザゼルさんが真っ先にシャリオスに斬りかかるのは見ててかっこよかった。
大ポカやらかしてこの状況になったわけだし、さすがにちょっとくらい良いところ見せてほしかったわけです。
が、カイザルがまさかのアシタカしてましたww

完全にサンとエボシ様の間に割ってはいるアシタカの如く、ノープランで止めに入るカイザル。
そして何故か止めに入ったカイザルに邪魔すんなとばかりに斬りかかる2人ww
3人のよくわからないチャンバラが始まって、ちょっと茶番染みてた印象。

アザゼルさん、さすがにそこはシャリオスを狙おうよ・・・w
シャリオスの背後取れてた場面あったし、そこに正々堂々の精神いらないでしょww
ほんとオツムが弱すぎて、アザゼルさんがどうしようもなかった。
結局カイザルにワンパンで沈められてたし、全然良いところを見れなくて残念。

てかカイザルめっちゃ強いすな。
アザゼルとシャリオスをいなしてたし、この物語では一番の強キャラなのかな?
己の信念で動くカイザルは、この物語をハッピーエンドに導く唯一のキャラな気がする。

3人それぞれの思惑が渦巻いてて、さらにそこに神も登場。
人、魔、神の3種族が一同に集まって、すごいワクワクする構図になってた。

ちょっと魔が絶望的だけど、アザゼルさんは一体これからどうするんだろう。
ニーナ、カイザル、ムガロとかのポジションも複雑すぎて、どう展開していくのか楽しみすぎる

そして、ニーナが溜めに溜めて変身できなかったのは、やっぱり自力じゃドラゴンになれないっていうことを改めて見せてきた感じかな。
しかしシャリオス以外にドキドキしないのに、どうするんだろう今後。
恋愛対象が移り変わるんだろうか。アザゼルさんにワンチャンはあるんだろうかw

ムガロちゃんが天界に連れて行かれてしまったけど、中々神々も勝手だよね。
知り合い助けようとしてたら鎖で拘束拉致されて、私たちは味方よって謎の人に言われても・・・w
ムガロちゃんの今後の動向に注目ですな。

意外とリタさんが余裕そうだったので、リタさんの暗躍にも期待してる。

ニーナの想い、それぞれの思惑


ニーナのシャリオス殿下への啖呵切りが凄い良かった。
正論をズバズバ言ってたし、これでニーナのスタンスがはっきりしたよね。カイザルと協力するような流れになるんだろうか。人側には立たないよね。
それをシャリオス殿下は笑って受け取ってたし、あの笑いにはどういう意味があったんだろ。
こんなシャリオスに啖呵切ってくるヤツはいないだろうから、ニーナ個人の人間性に興味もったんじゃないかな。

ニーナはシャリオスの正体にいつ気がつくんだろう。
今回は逆光でわかってないみたいだったし、この2人の関係性は物語の重要なポイントだと思うから、楽しみだよね。

そしてみんな牢獄へw
主要人物がみんな牢屋に入る展開になった。
ここに全ての役者が揃ってる気がするけど、ワクワクする展開だよねw

アザゼルさん・・・w
ここからのアザゼルさんの大逆転はあるのだろうか・・・。

この辺りで、1期を見てるか見てないかでかなり差が出始めた気がする。
このアフロさんは一体何者・・・!ムガロちゃんの母親ジャンヌダルクもすっごい気になる。

役者が揃って物語がめちゃくちゃ面白くなってきた。
あー、バハソウル最高やぁ~。

今回のエンドカード。

そして毎回面白い次回予告。


スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。