『神撃のバハムート VIRGIN SOUL(バハソウル)』第10話 感想 ジャンヌダルクの壮絶な過去!

タチバナですこんにちわ。

バハソウル”こと「神撃のバハムート VIRGIN SOUL10話を視聴しました。
ネタバレあり感想を書いていますので、まだ未視聴の方はご注意ください。

1話まるまるシリアスなジャンヌダルク回。そして壮絶な鬱回でもあった。
丁寧な演出で、いかにジャンヌダルクが重要なキャラなのかがわかる。

これでジャンヌが投獄されていた理由も分かったし、ムガロの過去も明らかになった。
神の無能っぷりも相変わらずで、ジャンヌにとって疫病神でしかない気がする。

前回の記事はこちら

『神撃のバハムート VIRGIN SOUL(バハソウル)』第9話 感想 役者が揃って群像劇にも拍車がかかる!全キャラが魅力的すぎる!

2017.06.03

スポンサーリンク

バハソウル 10話「The Way She Was(彼女のこれまで)」


悪魔の残虐非道な所業が描かれていた。
これを見るにやっぱり悪魔は悪なんだよな。これまでアザゼルの主観でしか描かれていなかったから、シャリオスひどいなと思うところがあったけど、人間主観で見ると悪魔は根絶やしにするべき対象だ。

シャリオスが人を守るため人が栄えるためにやっていると思うと、やり方はたしかに非道だけど絶対悪ではない。
悪魔の恐怖から人々を救ってるのは事実だし、シャリオスを否定できなくなった。
物語の最後に悪魔の扱いがどうなってるかが凄い楽しみ。

神に攻め入るのも何か思惑があったのだろうし、その辺がおそらくシャリオスの過去回などで暴かれるんだと思う。
そんなシャリオスと、神様を信仰してやまないジャンヌが袂を分かつのは至極当然。

聖女の力がなくなって、最強クラスに強かったジャンヌがメガネの一般兵にやられるのは見てて辛かった。
あのクソメガネ野郎はジャンヌの過去のレジェンドを知らないのだろうか。
知ってたら口が裂けてもジャンヌを蔑めないよなぁ。

そしてジャンヌにいきなり子供を授ける天族。
ムガロもといエル君はミカエルの転生体なんだろうか。イマイチわからないけど気づいたら母親になってたジャンヌ。
神様の所業もハッキリ言って無茶苦茶すぎる。ジャンヌに人権はなかった。

ジャンヌとエルの過去


いきなりやってきた神によって、追われる展開に。本当に疫病神。
見つけ次第殺せと言われてる中での、親子の壮絶すぎる逃亡劇は凄い緊張感だった。
そのダークすぎる演出には引き込まれずにはいられない。可哀想で仕方なかった。

自分の子供に、悪魔の死体の血をかけて穢れさせて翼を切り落とすとかショッキングすぎる。
ジャンヌが報われる物語じゃないとやってられないくらい感情移入させてきたと思う。

そしてジャンヌが「手を差し伸べてくれる人が必ず現れる」と託したことになった相手が、幸か不幸かアザゼルさんという・・・w
なんの因果かわからないけど、ジャンヌとアザゼルさんの関係がここでできてしまってたわけだ。
この2人の組み合わせがまったく想像できないから、余計面白い。

物語の主要キャラが繋がって、一体どういう展開になっていくんだろう。楽しみすぎる。
物語の進むテンポはじっくりやってる分凄く悪いけど、その分物語に引き込まれるように作られてるから全然飽きない。
できるなら、一気見したいアニメだよね。

次回「declaration of war」
戦争の宣言、宣戦布告という意味だから、魔族か天族が動き出す感じかな?
なんにせよ、物語が進みそうで楽しみだ。

10話エンドカード。

次回予告で、すでにアザゼルとジャンヌが絡んでたw

以上、「神撃のバハムート VIRGIN SOUL(バハソウル)第10話 感想」でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。