『神撃のバハムート VIRGIN SOUL(バハソウル)』第12話 感想 一気に物語はクライマックス!?

タチバナですこんにちわ。

バハソウル”こと「神撃のバハムート VIRGIN SOUL12話を視聴しました。
ネタバレあり感想を書いていますので、まだ未視聴の方はご注意ください。

ルパンを見ているかのようなハチャメチャ脱獄劇。
コメディタッチなノリの脱獄視点と、ガッツリ全面戦争に突入したシリアスな人神視点。
どちらも見応えたっぷりで、のんびりしていた牢獄視点から一変して話が動き出した感じ。
前半のクライマックスみたいなテンションになってきて目が離せません。

しかし、こうなってもアザゼルさんは未だ話に絡まず・・・。
あんなに主人公していたのにどうしてこうなった・・・笑

前回の記事はこちら

『神撃のバハムート VIRGIN SOUL(バハソウル)』第11話 感想 大活躍のリタさん&ロッキー!

2017.06.17

スポンサーリンク

バハソウル 12話「The Great Escape(大脱走)」感想


ニーナとファバロの走り方が一緒でさすが師弟だった。
ベストガールなリタさんの走り方も可愛くて、最高でした。
脱走劇も凄い作画の連続で、クオリティが高くて見応え抜群で素晴らしかった。

トロッコのシーンは何故かスーファミのドンキーコングのトロッコステージを思い出した。
ジャンプのタイミングとかが異様にシビアで難しかった思い出。

ファバロたちも助けるんだろうなと思ってたけど、あっちはあっちでしっかり自分たちで脱走する手段を考えていてさすが。
ファバロのいる安心感はやっぱ違いますね笑

そして、神との全面戦争。
それにしても凄いスケールで壮大。こんなに奥行きのある壮大なシーンも珍しい。
いかにこのアニメの作画がすごいか力が入ってるかがわかる

ムガロちゃんもといエル君も神が板について、すっかり神側の切り札になってた。

エル君により無力化された人間の非力さ。
というか圧倒的な神の強さにはビックリしました。こいつらこんなに強かったのか。
エル君の存在で完全にパワーバランスが崩れてしまったことにより、シャリオスも我慢できなくなって早くも切り札を投入する模様。

シャリオスの切り札


とりあえず全員集まってやっと群像劇がまとまりつつある。
まとまったことによってここからはテンポ良く流れていきそうなので、大注目。
この5人の組み合わせの安心感は凄まじいものがありますね。

脱獄できたと思ったら、シャリオスの切り札の中だしさてここからどうなるんだろう。
意図せずに本筋に巻き込まれていくスタイルはファバロの十八番。
まったく先が読めなくて楽しみすぎる。

アザゼルさんだけ蚊帳の外なのが凄い気になる。
この戦争に魔が絡んでくるんだろうか。早く魔のトップが見たすぎるよね。

シャリオスの切り札もなんなのか気になるし、来週が待ち遠しい。

次回「A Farewell to Arms」
武器よさらばって意味だけど、どういうことだろう。

12話のエンドカード。
このエンドカードもそうだけど、今回の次回予告の最後のコメントはエンディングテーマ曲を歌っている「DAOKO」さんみたいです。
曲も好きだし、絵もアートな感じがして独特のセンスを感じる。まだハタチらしい。

今後の活躍にも期待しています。

そういや2クール目に突入するし、OPもEDも変わりますね。
引き続きED曲はDAOKOさんが担当されるみたいです。楽しみー!

以上、「神撃のバハムート VIRGIN SOUL(バハソウル)12話 感想」でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。