『神撃のバハムート VIRGIN SOUL(バハソウル)』第22話 感想 ついにシャリオスの目的が明らかに・・・!そしてバハムート復活!

どうもタチバナです。

バハソウル”こと「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」22話を視聴しました。
ネタバレあり感想を書いていますので、未視聴の方はご注意ください。

一切のひねりのないこのベタな王道展開!超展開なんていらないからいいんですよこれで。
ただ、説明不足というか神や魔と敵対しないといけなかった理由がないし、1人抱え込んで突っ走った行動原理がイマイチ理解できない。
シャリオス1人で全部背負い込んで無茶しやがって・・・!という期待していた内容にならなかった。

大トリとも言えるこのシャリオス視点、シャリオスの成そうとしていることが、何故かごく少数で無理やりバハムートを復活させて討伐しようとしているではちょっと期待はずれ。

神や魔を虐げて圧政を敷いた行動理由が繋がってこないことには、シャリオスはただのバカだったで終わってしまう。
もしこれでシャリオス大正義みたいな形で終わったら興ざめだなぁ・・・。

22話あらすじ(クリックorタップで表示)

前回の記事はこちら

『神撃のバハムート VIRGIN SOUL(バハソウル)』第21話 感想 「全魔族を招集するんだ」ついに物語はクライマックスへ!!

2017.09.09

スポンサーリンク

バハソウル 22話 「Which Way Is the Wind Blowing?」感想


ついに明かされたシャリオスの目的。大方の予想通りバハムートの討伐。
ここから神から奪ったドロモスでビーム撃ってバハムートを倒す計画なんでしょう。
これを人のみでやらなければならない意味がほしい。

ソフィエルと合体して魅力が半減してしまったジャンヌも、まったく周りの見えない復讐心にかられる人になってるし聖女というキャラがブレブレ。聖女が人の殺し合う戦争の火蓋を切るという始末。
カイザルも人が変わったジャンヌに引いてるし、どうしてこうなった・・・笑

シャリオスのやろうとしていることを簡単に言うと、バハムートの封印が解けそうでヤバイ→じゃあ封印といた上でドロモスで倒してしまおうってことでいいのかな。
そのドロモスのある首都がジャンヌが攻めてきて戦争中だし、色々と重なっててカオス。
あとは魔もそこに加わるんだろうから、しっちゃかめっちゃか楽しそう。

でもこうなったのも全部シャリオスがやってきたことの報いだし、バハムートを倒す目的の為にこうなってしまった現状を作ったシャリオスはバカだとしか今のところ思えない。
シャリオスは凄い色々考えてて凄まじい奴だな!っていう期待していたものと真逆になってしまった感じ。
とても悲しい。

バハムート復活


神撃のバハムートなんだからバハムートがやっぱり絡んでくるよね。
たった10年で復活させてしまったバハムートをここからどう討伐していくのか。
ドロモスを素直に撃てるとは思えないし、やっぱり3種族が協力する構図になるんだろうか。

今回はアザゼルさんとか魔が出てこなかったし、彼らの動きが楽しみ。
なによりルシフェル!1期でも何もしてなかった気がするし、ルシフェルの活躍に期待したい。

ここからシャリオスの描写はないのかなぁ。
シャリオスがここに至る経緯について納得できる描写がほしい・・・。

残り2話。頼むッ!

エンドカード。

次回予告。このセリフは本編で聞きたかったー!

以上、「神撃のバハムート VIRGIN SOUL(バハソウル)22話 感想」でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。