『シュタインズ・ゲート ゼロ』3話 感想 愛しさと切なさと重苦しさと~

どうもタチバナです。

シュタゲゼロ”こと「シュタインズ・ゲート ゼロ3話を視聴しました。
アニメ内容のネタバレあり感想を書いていますので、未視聴の方は注意してください。

しんどい・・・しんどいぞ・・・。内容が暗い上に先が気になりすぎて1週1週見るのがツライ・・・。しかもこれ、回を追うごとにどんどん追い込まれていきそうだし重たすぎる。
だけどこの重たさがシュタゲであり、重たければ重たいほどその先の結末に感じるものも大きいはずだから、今はこの重苦しさを享受していこう。

今のところ、紅莉栖というかアマデウスの存在は鬱要素でしかないよね。もういっそオカリンの前に現れなかったら良かったのにとすら思ってしまう。
鳳凰院凶真が恋しすぎる。しんみりオカリンがツライ。そしてまゆしぃ・・・切なすぎる。

前回の感想はこちら

『シュタインズ・ゲート ゼロ』2話 感想 残酷な世界と、過去を断ち切れないオカリン

2018.04.19

「シュタインズ・ゲート ゼロ」3話 ツイッター感想

@akahachan

先週と同じ感想。切なすぎるわ!このままじゃおかりん壊れちゃう?でも、どんな形でも会いたい人って誰にでもいるよね。それが愛する人ならなおさら…こんな形で会話を出来てしまって、そこから現実を突きつけられた時、襲ってくるのは悲しみだけなんだろうか…?

2018-02-05

@VeryHurst

クリパのサンタコスの真帆さん良かった。でもそれよりも綯ちゃんに何年生?って聞かれる合法ロリっぷりがたまらなかった。あと教授があの面々の中に馴染んでいたのも面白かったな。

2018-02-05

@riina_ani

いつも素直になれなくて突っかかる岡部が自分の思いをさらけ出して紅莉栖に伝えようとする所で現実を突きつけられるから、視聴者は岡部の事を思って余計に辛くなる…

2018-02-05

@mokorin1100

ちょいちょい無印の雰囲気を醸しつつも根幹はしっかり不穏なところがβ世界線でありゼロなんだな〜と思いました。

2018-02-05



@Aria_fmlt

「ジューシーからあげナンバワーン」のまゆしぃ可愛すぎて死んだし、まゆしぃの助けてあげられない辛さを考えるともうこの子尊すぎてしんどい

2018-02-05

@celsius220

3話、このシリーズ、もともとはタイムマシン物のSFなわけだが、新シリーズの現在までのところはSFでも何でもない「死んだ恋人への追慕に苛まれる主人公と仲間達の人間模様」のドラマである。皆シリアスな中で桃井はるこの賑やかな声が貴重で嬉しい

2018-02-05

@M_endlesswaltz

アマデウスにのめり込んで現実を忘れちゃう岡部が痛々しくてひたすら悲しかった。まゆりも岡部のことは察しているから深く突っ込まないけど、彼女なりに岡部の目を覚まさせるアプローチをしていると思う。

2018-02-05

@Rise_Nagato

安定の面白さ!クリパ回ということで、全体的に明るい話で見てるこっちも楽しかったですね(´▽`)けれど、オカリンが笑顔でアマデウスと会話してるの見てると…。最後の現実を突き付けられるシーンの落差は凄かった。


2018-02-05

@yolozyaTOM

(;´д`;)そうか。それでOPの出だしは牧瀬紅莉栖の瞳、エンディングはまゆしぃの瞳から始まるのか。

2018-02-05

以上、「シュタインズ・ゲート ゼロ 3話 感想」でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。