『ソード・オラトリア(ダンまち外伝)』第1話感想 ロキファミリア強すぎィ!

2年前に放送された「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」のスピンオフにあたるTVアニメ「ソード・オラトリア」1話を視聴しました。
ネタバレありで感想を書いていますので、まだ未視聴の方はご注意ください。

1期のベル君とヘスティア様の物語とは視点が違うお話なので、これは2期にはあたらないのかな。
いや普通に1期の続きを見せてよと誰もが思ってそうですが、謎の外伝。
剣姫の物語よりも、ベル君の成長とヘスティア様の絡みのほうが断然見たかったです笑

これは、完全に別物として楽しんだほうが良さそうですね。
一応ベル君も出てきましたが、ロキファミリアの物語が描かれていくのでしょう。
1話は期待感があっただけに、少しぱっとしない感じがしました。

スポンサーリンク

ロキファミリア


主人公は剣姫なのか、それともレフィーヤという新キャラがメイン?
ロキファミリアのメンバーがいっぱい出てきて名前おぼえきれませんでした笑

どちらにせよ、このロキファミリアに視点を当てて物語が進んでいく感じですね。
でもこのファミリアは強すぎるので、あまりハラハラという冒険感は出ない気がします。
もっととんでもなく強い敵がでてくるのかな?

レフィーヤには見ててイライラさせられますし、でも別にこの子が頑張らなくてもどうにでもなるし、どう展開していくんだろう。

レフィーヤの魅力がこれからどれくらい引き出されるか注目。
ほかのキャラが立ってるだけに、ただのモブキャラになってしまうと見てられない気がします。

ベルくんとヘスティア様の絡みが無いのも物寂しいですが果たしてどう盛り上げていくのか。
期待値が高かっただけに、イマイチ掴みとしては良くなかった気もしますが、これから”ダンまち”クオリティが発揮されることを期待して次も楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。