『つぐもも』第12話 最終回感想と総評 エンドカードまとめ!最後まで楽しめた良いアニメだった!

ククリ大好きタチバナですこんにちわ。

いよいよ最終回となったTVアニメ「つぐもも12話を視聴しました。
ネタバレあり感想総評を書いてますので、まだ見てない方は注意してください。
各話のエンドカードも下でまとめています。

ウッキウキなククリがもう本当に最高に好き
それがガッツリと見れただけでこの最終回は素晴らしかったと言い切れる。

バトルも今まで一番緊張感があって迫力もあったし、かみがかりが中二心をくすぐってきてカッコよかった。
最終回にしてバトル、お色気、ギャグと一番バランスが良かったんじゃないかな。
それだけに見応えがあったし、最後まで楽しく見れた。

つぐもも12話あらすじ
ギリギリの駆け引きがつづく決闘は終盤、睨み合うかずやとすなお。
相手の一撃を避け、守りによる持久戦を提案する桐葉だが、かずやは首を縦に振らない。
つぐももとの絆、その力を信じるかずやは、敢えてすなおとの斬り合いに挑む。
互いの全身全霊をこめた、超高速の攻防の行方は……!

前回の記事はこちら

『つぐもも』第11話 感想 本格的なバトル開始!ツンデレ桐葉に頼れるカズヤ

2017.06.12

スポンサーリンク

つぐもも 12話「パートナー」感想


スピード感のあるしっかりしたバトルで、メッチャ肉弾戦してて笑いました。
肉弾戦だから分かりやすくて見やすくて、なにより中二的で古臭い感じがつぐももらしくて、今までのバトルで一番面白く感じた。
作画のクオリティも最後まで安定してたし、効果音も空気感も臨場感たっぷりで良いバトルでした。

まさか桐葉さんと一体化するとは思ってなかったから、これまでの桐葉さんとの絆を絡めた展開で素晴らしかったと思う。
このアニメにバトルいらないと思ってたけど、考えを改める内容だった。

いい感じにシリアスバトルがあるからこそ、ここからのギャグやお色気が映える。
良いバランス!

定番のお風呂


ここからのククリの土壇場劇場は控えめに言って最高だった。
声優さんの演技も相まってウッキウキなククリが面白すぎる

ククリのために是非2期をやってほしい。原作知らないけど、これはアニメでみる作品だと思う。
声優さんがしっかりキャラにハマってる気がするし、なによりククリが至高だからだ。

そしてもはや必ずと言っていいほど毎回くるお風呂シーン。
ギャグパートとお色気パートは相変わらず素晴らしい。

性に対して興味津々なククリが可愛すぎるんすよ・・・。
桐葉さんとのコンビも対照的で絶妙だし、このカズヤ家の空間がたまらない。

これまでのキャラが総出演で、いかにもな最終回がこれもまたつぐももらしかった。
バトルにギャグにお色気につぐももの全てが詰まった良い最終回でした。




つぐもも 総評

意外と面白かった。

話の内容的にジャンルは妖怪退治ファンタジーで、懐かしさを感じるどこか既視感のあるほのぼのとしたアニメ
だから安心して見ていられるというか、バトルあり日常ありでコメディタッチにバランス良く描かれていて楽しめた。
作画も最後まで安定していたし、ちょっと古い感じがするんだけど、それがこの作品の良さでもあると思ってる。
難しい話も設定もなく、鬱な展開やダークな設定もない。この気軽さが「意外と面白い」に繋がっていたんだと思う。

そして、このアニメを良かったポイントはストーリーではなく、魅力的なキャラにあると断言する
話の内容は良くも悪くも普通で、特に盛り上がるところもないんだけど、魅力的なキャラクターたちがドタバタする様がとても面白かった。
キャラの個性や可愛さが存分に描かれていたし、なによりコメディにぴったりマッチしていた。
真顔でいるほうが不自然なくらい表情豊かでギャグ満載でハイテンポで、それが見ていて凄く楽しかった。
なによりギャグが寒くなくて振り切ってて面白い。笑えるアニメになっていて素晴らしかった。

それだけでなく、やっぱりこのアニメの真髄はお色気要素
魅力的なキャラクターだからこそ活きていたし、ギャグと絡まり抜群に面白かったし笑えた。
あえて古臭さを前面に押し出した作風なのが、いい方向に転んだ感じがします。

原作を知らないけど、このキャラクターたちがコミカルにまだ物語を続けているんだと思うと読みたくて仕方ない。というかアニメが終わったら原作であるマンガは買うつもり。
そう思わせてくれたんだから、アニメとして良かったんじゃないかなと思います。

とりあえずククリが最高でした笑

面白かった回ランキングトップ3

全体的に見ればバランスが良かったと思うけど、やっぱり回ごとだとバトル全力だったり、ギャグ全力だったりと内容も面白さもムラがあったと感じます。
だからこそ、ギャグやお色気全開できた時の破壊力たるや凄いものがあった。
そんな凄い面白い回をベスト3で振り返ってみようと思う。

3位:5話「特訓」

『つぐもも』第5話感想 これまた懐かしい展開!ド安定なコメディ劇場にほっこり

2017.05.01
バトル、学園、日常、お色気、ギャグ全てのバランスが取れていた回だった。
この頃からお風呂シーンは健在で、桐葉とのイチャイチャや、そしてククリの魅力であるアホっぷりも存分に発揮されていた。公園に住む神様とか面白すぎる笑

そこからの学園パートの二次元を具現化できるスケッチブックの登場でドタバタあまそぎ退治。
おさむや生徒会長の異常性とかが描かれていてまともな人がいないつぐももらしい笑えるバトルで素晴らしかった。

2位:8話「ある日の加賀見家/モテモテフレグランス」

『つぐもも』第8話感想 可愛さ満点のホームドラマと、過去最大級のサービスシーン!限界攻めすぎィ!

2017.05.22
Aパートのホームドラマが最高の日常回だったと思う
サイレント回チックに物語が進んで、くだらなすぎる内容に笑えてほっこりできて最高だった。
とにかくいい子なククリが可愛くてたまらなかった。このほのぼの日常をひったすら眺めていたい。

そして後半Bパートはとんでもないアホ回。
つけるとモテモテになる香水で学園ドタバタしてからの、カズヤのお風呂でのハーレムサービスシーン。
色々とアウトな描写があったけど、制作陣の限界を攻める姿勢が垣間見えて素晴らしかった。
お色気ではNo1な回だったと思う

1位:7話「金山さん」

『つぐもも』第7話感想 神経衰弱のカードをおさらい!今までで一番面白い回だったと思う!

2017.05.15
これは本当に神回で圧倒的1位に推したい。
まずククリがカズヤ家に居候する望んでた展開になったし、そこからのカズヤ家でのホームドラマ、桐葉とククリの絡みは見応え抜群のシーン満載で楽しめた。

そして伝説のBパート。「絶対少女」というパワーワードを掲げる金山さん登場。
思い出すだけで笑える金山さんの性癖が並べられたカードでの神経衰弱はひどすぎたし終始笑いながら見てた。
「わきくんくん」カードの圧倒的な変態度は笑うしかない。ナレーションもシュールで全力でギャグに走った最高のギャグ回だったと思う。

つぐもも各話エンドカード

1話から12話まで順番に並べています。

声優さん&関係者からのツイッターメッセージ

桐葉役の大空直美さん

担任いすず役の橘えみりさん

千里役の芝崎典子さん

おさむ役の佐々木詩帆‏さん

すなお役の大地葉さん

黒曜役の松井恵理子さん

EDテーマ「I4U」のMICHIさん

以上、「つぐもも 第12話 最終回感想と総評 エンドカードまとめ!」でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。