『有頂天家族2』第4話感想 カオスな狸将棋大会!ちょっと駆け足すぎてモヤモヤ感

タヌキと天狗と人間が織り成す奇想天外ファンタジー「有頂天家族2」4話を視聴しました。
ネタバレありで感想を書いていますので、まだ未視聴の方はご注意ください。

いやー、うーん。
原作を読んでいる側からすると、省略されすぎててすっごいモヤモヤ。
仕方ないにしても、あまりにも駆け足すぎませんかね・・・?w
狸将棋のところとか無理やりすぎだったと思うし、その後の展開もちょっとヒドイ。

いやほんとに、このアニメを楽しめてる人は原作も読んでほしい!
アニメの比にならないくらい面白いからw

前回の記事はこちら

『有頂天家族2』第3話感想 帰ってきた弁天様!やっぱりこの物語にはこの人がいなくては!

2017.04.24

スポンサーリンク

狸将棋


絵になったところを楽しみにしていたので、ズラっと狸たちが並んでいるところは予想通り可愛くて最高だった。
ひょこひょこと動く姿や、狸将棋大会の雰囲気はアニメならではなのでグッド。
できるならもっと真面目な狸将棋が見たかったところw

展開が早すぎて速攻で一悶着からのお流れだったので残念。
金閣銀閣もただウザイだけだし、もう少し可愛げがあってもいいんじゃないかなあと原作厨は思いますw

矢一郎と玉瀾


2人のやり取りとそこに至る流れも早すぎてびびった。
有頂天家族の数少ない恋愛要素だったのに、もう少し丁寧にやってほしかったなあ。

でもやっぱり映像化されると綺麗だし雰囲気も楽しめるのでいいですね。
ほっこりと和める回でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。