『幼女戦記第9話』感想 戦争の恐ろしさを思い知らされるジャガイモ回!

【アニメ】幼女戦記 第9話「前進準備」 感想 レビュー 画像 ネタバレあり

ドクトル博士の秘密兵器で敵司令部へ向けて片道切符特攻!

デグレチャフ少佐、最前線どころか戦線の向こう側へ行ってしまったww

どうにもならない戦況をなんとかしようと、敵司令部を直接叩くというセオリーを完全に無視した敵の裏をかく作戦の部隊に抜擢されてしまったデグレチャフ少佐。
いつも本当に重要な作戦のキーマンに置かれるデグさん、大変すぎるでしょ!

天敵のドクトル再びで、とんでもないマシンに乗って敵指令部に特攻。
マッハ1.5で飛ぶロケットを作りあげるとか、純粋に技術力はバケモノすぎるドクトル博士。
変態と紙一重の、絵に描いたような天才ですね!

スポンサーリンク

そして、デグレチャフ少佐の大隊から初の脱落者が。

原因はCパートで分かりましたが、まさかの腐ったジャガイモww
まあ、戦争の大半の脱落って食と衛生らしいので、別に全くおかしくないわけですがそれにしてもジャガイモ・・・。さらばタイヤネン准尉。

そして、名シーン。
初めて聞いた挿入歌で、ロケットに乘ってぶっ飛んでいくデグレチャフ少佐はカッコ良かったですね!

ドクトル「発射ーーーッ!」
デグレチャフ「安全な後方で出世するはずが・・・どうしてッッ!」(マッハ1.5
完全に片道切符ですが、この後どうするんでしょうね。
恐れていた神風ってことではなさそうでしたし、とにかく暴れまわるんでしょうけど。
いよいよ最終決戦に向かうデグレチャフ大隊。
無双することになるのか、はたまた予想外の展開が待っているのか。
楽しみですね!

ここが今回の一番お気に入りのセリフでした。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。