『ゼロから始める魔法の書』第4話感想 1話まるまるニコヤカ旅道中!3人の親睦が深まった良回!

”ゼロの書”こと、「ゼロから始める魔法の書」4話を視聴しました。
ネタバレありで感想を書いてますので、まだ未視聴の方は注意してください。

メッチャほのぼの回でほんわか全開。
旅の道中を描くだけで1話使うとか、なかなか贅沢な回だったですな。
その分、3人の関係性とか距離感が近づいたひじょーに良い日常回だった。

旅道中の雰囲気も良くて、3人の仲良しこよしが見れて和めました。
こういう箸休め的な回がすごーくいいわけなんすよね。

前回の記事はこちら

『ゼロから始める魔法の書』第3話感想 サービスシーン満載!心がほっこり和み回!

2017.04.25

スポンサーリンク

ラテットへの道中


モフモフ傭兵がどんどんかわいくなってきてやがる。
なかなかのチョロさでイジりがいがありそう。もっとモフモフプリーズ。

いらないなと思ってた少年もいい味だしてきやがってるし、3人がまとまりつつある。
てかこの少年は本当に男なのだろうか。いちいち言動が女の子っぽい。
もしやワンチャンあるのか・・・!?

3人のキャラ掘り下げーの、イチャイチャしーの、魔法勉強しーの、日常キャッキャしながらの魅せ回だったわけなんですね!
ゼロが相変わらずかわえかった。

ラテット


最後はほのぼのからの一転、シリアス引きとこちらを動揺させてきた。
そーいう演出してくるわけだこのアニメは。
そう簡単ににこやかだけでは終わらせんぞと。

次は話をガッツリ動かしてきそうですねえ。

次週がひじょーの楽しみ。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。