『ゼロから始める魔法の書』第12話 感想と総評 なんとなく綺麗にまとまった感を出した最終回でした

どうもタチバナです。

いよいよ最終回となった”ゼロの書”こと「ゼロから始める魔法の書12話を視聴しました。
ネタバレあり感想総評を書いてますので、まだ未視聴の方は注意してください。

物語の途中まではストーリー追いかけてたけど、結局その肝心のストーリーは1クール丸々茶番劇というくだらない内容だったので、もう最終回は眺めるアニメとして見てた。
決して面白くはなかったけど、素敵な世界観のアニメだった。

結局はゼロが望んだ世界になったということかな。
めでたしめでたし。

12話のあらすじ
アルバスとホルデムの危機を救ったゼロは十三番の企みの全てをアルバスに告げる。ソーレナを死においやった原因をつくった十三番を許すことができないアルバスだが、作戦の成功には十三番の協力が不可欠だった。詠月の魔女ソーレナの直系として、アルバスはある決断を下す。そしてついに、はぐれ魔女、騎士団、ゼロの魔術師団のそれぞれの思惑による戦いが始まった。その時、封魔の儀式を進めるゼロたちの身に最大の危機が迫っていた。

前回の記事はこちら

『ゼロから始める魔法の書』第11話 感想 壮大な茶番劇!!そして明かされるゼロの書の真実

2017.06.20

スポンサーリンク

ゼロから始める魔法の書 12話「ゼロから始める魔法の書」感想


ゼロと十三番の2人をもってしてもキツイ魔法だったんですね。
十三番が寝返らなかったらどうしてたんだろうこれ。
十三番に元から手伝ってもらわないと無理な計画とかどういうことなんだ・・・笑

ホルデムに抑え込まれた十三番が、「美しい魂だ。お前を通して改めてソーレナの偉大さを感じてる」とか言ってたけど、このホルデムは奴隷の女従えてたからね?w
ガッツリ奴隷に酷いことしてる描写あったから、まったくその言葉に説得力ないし何言ってんだって感じだったよ。
ほんとにストーリーが陳腐すぎて、全然感情移入できなかった。

魔法消し去ったはいいけど、お互い熱入って戦争してる場面がそれで収まるとも思えない。
普通に考えて力を失った魔女が虐殺されると思うんだけど、一体そこはどう収まったんだろう。
そこの描写もないし、せっかく消し去った魔法を新たに広めなおすってのも同じことの繰り返しのような気がしてならない。

突っ込んだらダメなアニメなのはわかってるけど、設定やら世界観が作り込まれてるアニメなのにどうしてこんな感じになってしまったんだろう。

ゼロの書


世界観となんとなくで綺麗にまとまった感じになった。
戦争起こして争わせてた張本人がお咎めなしってのも理不尽すぎてなんとも後味が悪い。
この戦争で一体どれくらい死んだかわからないけど、そういうのを有耶無耶にして美しくまとめた感。

アルバスが指導者になっているのも滑稽すぎて笑うしかない。
色々と描写が足りてなさすぎた印象。

これからの旅道中のほうが断然面白そう。
ひたすら過去にあったワイワイとした旅道中をしているほうが面白いアニメだったと思う。

ゼロから始める魔法の書 総評

よくある世界観だけど、こういうファンタジー作品は凄く好き。
世界観に設定に作り込まれていたと感じたし、本来は眺めるアニメではなく、ストーリーを追うアニメとして見る作品なはずだった。

しかしフタを開けてみると、ストーリーが全て茶番でしかなかったと感じるし、キャラに感情移入できるような描写が少なくてこの世界に入り込めなかった。
入り込めなかったから眺めるしかなかった。

眺めるにしても魅力的なキャラがゼロだけで、他には一切惹かれなかった。
傭兵では絵面的に映えないし、ゼロを見せないといけないのにそのゼロが蚊帳の外になってたのもかなり痛い。

ストーリーを追うアニメとしても、眺めるアニメとしても全て中途半端だったように感じて仕方ない。
なんで見続けられたのかは、やっぱり世界観とゼロの魅力なのかな。

途中の旅道中している頃は面白かったと思うし、物語へのワクワクがあった。
最後あたりがグダグダしてしまったばっかりに、手放しにいい作品だったと言えないのが悲しい。

設定と世界観は秀逸だったと思う。

以上、「ゼロから始める魔法の書 12話 感想と総評」でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。