『戦国再臨:大戦の覇者となれ』評価/感想レビュー 新しいカードバトルRPG!

タチバナ

iPhone/Androidでプレイできるスマホゲーム「戦国再臨:大戦の覇者となれ」をプレイしていますので評価・レビューをしていきたいと思います。

「戦国系のゲームってたくさんあるしつまらなさそう」って思ってる人もいるかもしれませんが、このゲームはこれまでにない新しいカードバトルRPGなんです。

今回は、どんな人に向いているか?
良かった点・悪かった点、序盤の攻略や課金要素などについてご紹介していきます。

戦国再臨:大戦の覇者となれはどんな人に向いている?

まずはとにかく、戦国時代が好きな人におすすめです。名前からわかる通り、戦国時代が舞台のゲームなので、歴史好きにはたまりません。

有名な羽柴秀吉や前田利家はもちろん、知る人ぞ知る岡部元信など少しマニアックな様々な武将達が出てきます。自分の好きな武将がいつ出てくるかわくわくしながらゲームをプレイするのもいいですね。

また、ストーリーは武将達の会話によって進み、自分が戦に勝つことで歴史が動きます。自分で歴史を動かしていく楽しみもありますよ。

次に、戦略を考えたり、頭を使ったゲームがしたい人におすすめです。このゲームは武将の強さと戦略が勝利の鍵となります。したがって、戦略を練って勝負をするのが好きな人におすすめです。

騎馬隊や足軽などそれぞれの特性を知り、戦略を考えましょう。

戦国再臨:大戦の覇者となれ

戦国再臨:大戦の覇者となれ

HK Hero Entertainment Co., Limited無料

戦国再臨:大戦の覇者はどんなゲーム?

戦略系カードバトルRPGと銘打たれており、戦国とカードが組み合わさった一風変わったスマホゲーム。舞台は織田信長が天下統一を目指す戦国時代。信長の軍師となり、戦略を練って、戦を勝ち進めていきます。

もちろんカードバトルなので、数々の戦国武将が登場します。より強い武将を仲間にして、天下布武を目指しましょう。

そしてこのスマホゲーム、戦国時代をリアルに再現しています。「指一本で繰り広げられる究極のリアルタイム戦略バトル」をキャッチフレーズとしたゲームです。

文字通り、簡単な操作でリアルな戦国時代を楽しむことができるんです。戦闘場面は実際に兵士達が動いて戦う様子を観察できるので面白いです。また、武将達が持っている決め技が決まるシーンは、まるでアニメのような臨場感があります。

多種多様な兵種

「騎馬隊」「槍足隊」「弓足軽」「刀足軽」「鉄砲隊」という5種類の兵があり、兵種同士には相克関係があります。

勝利を勝ち取るためには、それぞれの兵種の特徴を覚え、敵の布陣に合わせて戦略を練ることが重要です。ここがかなりこのゲームのミソでもあると思います!

「騎馬隊」は「弓足軽」と「鉄砲隊」に突撃することができます。

「槍足軽」は「騎馬隊」を迎撃することができます。

「鉄砲隊」は「弓足軽」を迎撃することができます。

「刀足軽」は近距離タイプの敵を同時に2人まで相手にすることができます。

「弓足軽」は「騎馬隊」意外の敵と光線時、「一斉射撃」を1回行うことができます。

この他にも詳細な特徴があるので、ひとつひとつ理解しながら布陣を考えましょう。「覚えられない!」と思う人もいると思いますが、戦闘中に画面の左上で相克関係を確認することができるので、安心してください。

美麗なビジュアル

最初に自分のキャラクターの見た目を選ぶことができます。男女ともに2種類あるので、自分の好きな見た目をしたキャラを選びましょう。

また、このゲームは登場する武将やその妻のビジュアルが素晴らしいです。なぜなら、「戦国大戦」にて使用されていた豪華イラストが採用されているからなんです。

それぞれのキャラクターは歴史になぞらえた特徴をしているところもいいですね。

例えば、織田信長は「うつけ者」と呼ばれており、「上半身は着物がはだけた状態でいた」と言われていますが、このゲームも再現しております。

戦国再臨:大戦の覇者となれの良かった点、悪かった点

自分で戦略や戦術を練るのが楽しい!

敵の布陣を見て、勝利することができるように戦略を考えるのはとても楽しいです。単純なカードバトルではないところに面白さを感じました。

敵と戦力差があり、敵の方が強かったとしても、戦略によっては勝つことができるのがいいところです。

武将のレベルアップが早い!

仲間の武将をレベルアップすることで、戦力が上がるんですが、レベルアップがテンポよくサクサク上がっていきます。

ストーリーを進めていくことで自然とレベルアップしていき強化できるようになるので、サクサクと上げながらコツコツと強くなっていく感じです。

ゲームプレイヤーが優しい!

ゲーム内ではオンラインプレイヤーとコミュニケーションをとることができるんですが、プレイヤー同士のやりとりが優しいと感じました。ストラテジー系は侵略行為があるためかなりプレイヤー同士ギスギスしますが、こっちは侵略や対人などがないのでほんわか優しい雰囲気でした笑

誰もが見れるメッセージにわからないことを書けば答えてくれる人までいました。

兵種や装備など覚えることがたくさんある

兵種の相克関係もそうですが、武将達のスキルや特技まで考えなければいけないので、最初は難しいかもしれません。

また、軍師である自分の装備などもあり、悪くいえばややこしく、よく言えば奥が深いゲームとなっています。

自動操作で全て終わらしてしまうようなスマホゲームにうんざりしている人や、頭を使って構成や戦略を考えるのが好きな人には逆に楽しい部分だと思います!

ゲームの立ち上がりが遅い

あまり気にしない人もいると思いますが、ゲームの立ち上がりがめんどくさいと感じました。

一旦スマホの電源を落とすと、「しばらく操作していなかったためもう一度ログインしてください」という画面が出てきます。これ、個人的には凄いネガティブなんですよね。ちょっとアプリを変えるだけで上の画像のようになって立ち上げ直しなんです・・・。

しかし、ゲームをする上で全く支障はありませんので安心してください。

序盤の攻略

チュートリアル中は簡単に勝利を勝ち取ることができます。しかしゲームを進めていくと、そうは言ってられません。

ストーリー通りにゲームを進めていたんですが、途中で戦力差によりどうしても敵に勝てなくなってしまいました。

これまでは戦に勝つことでレベルアップができたんですが、戦に勝てないためレベルアップができません。

さて、どうしたらいでしょうか?

「一揆」や「獣」と戦うことでレベルアップ!

武将との戦で勝利できなくなった時は、「一揆」や「獣」と戦いましょう。「一揆」や「獣」は高確率で勝利することができ、レベルアップすることができます。

タチバナ

メインストーリーから外れて、サブストーリーを進める感覚ですね。

征服する敵の拠点を選ぶ

天守閣を落とすまでに、いくつかの敵の拠点を征服する必要があります。この時、敵の拠点を征服する順番を選ぶことができるんですが、この順番が勝利のカギとなります。

敵の拠点同士による、「敵支援」というものがあるんです。赤い矢印が、敵から敵による支援を表しています。

この「敵支援」を失効させることで、敵の拠点の戦闘力を下げることができます。したがって、「敵支援」を行っている敵の拠点から征服します。

これにより敵を簡単に制覇することができます。

「兵法講義」で戦略を学ぶ!

ゲームを進めることで、「兵法講義」を見ることができます。

兵種の相克関係という難しさがあるため、「兵法講義」を見ることで攻略の仕方を学ぶことができるんです。

「兵法講義」は何度も確認することができるので、わからなくなったら確認しましょう。

課金要素

ガチャを回す時くらいしか課金要素がありません。

招聘(しょうへい)令を使うんですが、「伝説の神将令」のガチャを引く時には、ほぼ課金が必要となります。

しかも「伝説の神将令」は10連ガチャしかないため、総額1250枚の小判を使用するんです。

1250枚の小判をチャージするためには4900円を支払わなければなりません。

まとめ

「戦国再臨:大戦の覇者となれ」は指一本でリアルな戦国時代を勝ち抜いていくことができるゲームです。

操作は簡単、しかし戦略を練るのは難しい。

操作技術ではなく、頭脳でゲームを楽しみたい方はこのゲームに絶対はまると思います。

ぜひプレイしてみてくださいね。

戦国再臨:大戦の覇者となれ

戦国再臨:大戦の覇者となれ

HK Hero Entertainment Co., Limited無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です