面白いおすすめダークヒーロー漫画ランキングBEST10!影の正義や物語に痺れる!

タチバナ

今回は、目的を達成するために手段を選ばないダークヒーローの活躍を描いためちゃくちゃ面白い「ダークヒーロー漫画」を10作品厳選しランキングにしましたので、おすすめとしてご紹介したいと思います。

ダークヒーローとは、自分の中の正義を貫き、目的のためには非合法な行為など手段を選ばない人物のことを言います。
ヒーロー作品にはない影を感じさせるキャラクターとダークな物語は、重厚なストーリーが楽しめ、正義とどう向き合うかの葛藤が描かれとても面白いんです。

そんなダークヒーロー作品をネタバレしないように感想/レビューを書いてご紹介していきますので参考にしてください。

それではどうぞー!



面白いおすすめダークヒーロー漫画ランキングベスト10!

10位:なにかもちがってますか

作者:鬼頭莫宏
巻数:全5巻
どんなマンガ?

中3の春、なにげない毎日を送っていた日比野光は、転校生・一社高蔵との出会いで、特殊な能力を開花させる。使いようによっては殺人も可能な日比野の“力”を、「世の中の間違いを正すために使え」と言う一社。そんな彼らが踏み出した第一歩、それは「車を運転しながら携帯電話を使っているやつを殺す」ことだった。

ひとこと感想

人を簡単に殺せる特殊能力を得た中学生が、自分勝手な正義感で世直ししていく内容。ファンタジーなんだけどリアリティを持った中学生の等身大と、デスノートにも似たテロリズムが描かれています。だけどこれは別に正義とは何か?という話は一切なく、ただただ能力を得た中学生のリアルを描ききった感じですね。だからダークヒーローではなく、悪者の話になるのかな。

タチバナ

正義の使い方の難しさを考えさせられるような作品です。

9位:終わりのセラフ

作者:鏡貴也、山本ヤマト
巻数:現在29巻
どんなマンガ?

未知のウイルスにより人類は壊滅、子供だけが生き残り、地下都市で吸血鬼に支配されていた。勝気な少年・百夜優一郎は仲間たちの犠牲のもと、ただ一人脱出に成功、復讐を誓う。優一郎が見た新しい地上の世界とは!?

ひとこと感想

壮大な世界観と綿密な設定がある奥の深い物語。アニメも素晴らしい出来でしたが、やっぱり漫画の方がキャラの掘り下げがされているので漫画がおすすめ。とにかくキャラが魅力的なんですよね男も女も。内面の掘り下げもしっかりされているからもの凄くストーリーにのめり込める。家族、友情、仲間の大切さがクドいくらい描かれているアツいバトル漫画です。

タチバナ

絵も綺麗で非常に読みやすい。結末が楽しみすぎる!

8位:軍鶏

作者:たなか亜希夫
巻数:全22巻
どんなマンガ?

真昼の昼下がり、少年は両親を殺害した。エリート銀行員の父と美しき母の、まとわりつくような愛情が、自分のすべてを吸い尽くすという妄執にかられ、少年は凶行に及んだ。収監された少年院で、少年は「空手」と出会い、その牙と爪を研ぎ続ける。何者にも自分自身を奪われないため、何より、殺されないために――。

ひとこと感想

親を殺したり、刑務所行ったりと内容がショッキングすぎる悪意に満ちた格闘漫画。だからこそ、他には無い魅力があり、読み続けてしまった作品。正義の為みたいな偽善的描写が一切なく、生きる為、死なない為に必死にもがき苦しむ姿勢は一貫していてすっきりします。殺人者を描いた作品なんだけど、何故か魅力的なんですよね。漫画の中でも指折りの卑怯で卑劣な主人公が描かれてます。

タチバナ

刃牙に通ずる格闘マンガです。かなり熱いです!

7位:ブラッドラッド

作者:小玉有起
巻数:全17巻
どんなマンガ?

東魔界でナワバリボスをしているオタクな吸血鬼・スタズのもとへ、ある日、人間の女子高生・柳冬実が紛れ込んでくる。戸惑いながらにも冬実に会ったスタズは、自分の中から湧いてくる気持ちを整理出来ずにいた。しかし束の間、冬実はナワバリ破りに来た魔物に喰われ、幽霊となってしまう。スタズは自分の気持ちの整理のためにも、彼女を生き返らせようと「血意」する。

ひとこと感想

平凡な女子高生が魔界に迷い込んでしまい死んでしまって、その女の子に一目惚れしたオタク吸血鬼が彼女を生き返らせるために奮闘する物語。バトル、シリアス、ギャグ、萌えとバランスの良い漫画で、ブレない世界観や設定を最後まで貫き通してて見てて飽きずに楽しめました。テンポも良くてストーリーも面白い。そしてなによりヒロインがカワイイ。天然癒され系でこの子を見るだけでも価値があるレベルです。

タチバナ

絵が綺麗で、ヒロインがマジで最高です!



6位:賭ケグルイ

作者:河本ほむら、尚村透
巻数:現在16巻
どんなマンガ?

名門・私立百花王学園。この学園には階級制度が存在する。生徒会を頂点とするこの学校は「ギャンブル」に支配されている。勝てば天国。負ければ地獄。ギャンブル強者は羨望、弱者は被虐のクルった学園。そんな学園に、一人の少女が転校してくる。彼女の名前は蛇喰夢子……。

ひとこと感想

ギャンブルの強さで学園内のヒエラルキーが決まる学園ギャンブル漫画。とにかく登場人物が超個性的でキャラ立ちが半端ない。そういった相手と作者が考えた独自のゲームでギャンブルをしていく内容なんだけど、中々ゲーム性も凝ってるし主人公が必ず勝つわけではないので緊張感を持って読み進めることができます。絵も綺麗だし、この漫画の見どころでもある登場人物の表情は非常に楽しめる。狂気の世界にに引き込まれるスリリングな面白い漫画だと思います。

タチバナ

読み終えたあとまるで自分もギャンブルを楽しんだ後のような高揚感が得られます!

5位:ZETMAN

作者:桂正和
巻数:全20巻
どんなマンガ?

手の甲に円状のコブを持つ不思議な少年ジン。続発する怪事件を背景に、謎の老人がジンのことを探し始めた…。ある日、ジンの前に突然、異形の殺人鬼が出現。それまでの平穏な日常は激変する。人知を超えた殺人鬼の力を前にジンは!?壮大な物語が、今始まる…!!

ひとこと感想

正義とは何かを描いた考えさせられる人間臭いダークヒーロー漫画。ストーリーがしっかりしていて、バトルモノなんだけど濃いヒューマンドラマを楽しめます。エロあり、グロありが高い画力で描かれていて、なによりキャラデザがめちゃくちゃカッコイイ。主人公のゼットはデビルマンとバットマンを合わせたようなスタイルで、出てくる敵も武器もデザイン性が高くて楽しめる。かなり暗くて重い展開が続きますが、テンポも良いので読みやすいです。

タチバナ

画力が凄まじく、「I”s」の作者なだけあって女の子がめちゃくちゃ可愛い!

4位:ベルセルク

作者:三浦建太郎
巻数:現在41巻
どんなマンガ?

中世ヨーロッパを下地にした「剣と魔法の世界」を舞台に、身の丈を超える巨大な剣を携えた剣士ガッツの復讐の旅を描いたダーク・ファンタジー。

ひとこと感想

これぞダークヒーローものと言うに相応しい内容と物語性の高さ。ゴリゴリのダークファンタジーで他の漫画では味わえないような迫力のある描写は圧巻です。黄金時代編はもう芸術のレベルだったと思う。圧倒的な画力で描かれる迫力ある戦闘描写はそれだけで読む価値はあると思います。復讐のためにブレずに突き進むガッツが恐ろしくもありカッコイイんですよね。ちょっと完結できるのか心配なペースですが、最後まで丁寧に美しく描ききってほしい。

タチバナ

絵で謙遜してる人はまじで損してますよ!!

3位:東京喰種

作者:石田スイ
巻数:全14巻
どんなマンガ?

東京には、或るひとつの「絶望」が潜む…。群衆に紛れ、人間を狩り、その死肉を喰す怪人、人はそれを「喰種(グール)」と呼ぶ。青年が怪人に邂逅したとき、数奇な運命が廻り始める──!

ひとこと感想

人間VS化物というよくあるタイプの内容で、この漫画は化物視点が描かれたダークでカオスなストーリー。ありきたりな構図なんだけどそう感じさせない新感覚があって、主人公を取り巻く環境が絶妙で引き込まれる設定や世界観になってます。画力が高く絵に迫力があってかなりグロテスクな描写やショッキングなシーンが多々あります。心理描写や葛藤も上手く描かれていて読み応えは本当に抜群。

タチバナ

覚醒した主人公のカッコ良さは今まで見た漫画の中でもトップかも

2位:アカメが斬る!

作者:タカヒロ、田代哲也
巻数:全15巻
どんなマンガ?

帝国の圧政によって苦しむ村の少年剣士・タツミは、旅の途中で殺し屋集団「ナイトレイド」の一員である赤目の少女・アカメと出会う。そして仲間達と共に、腐敗した帝国に立ち向かう。中世的なSF要素を織り交ぜたダークアクションファンタジー。

ひとこと感想

表面上は殺し屋家業の闇組織だけど、実は表に出てこない悪を裁く集団の物語。よくある世界観と設定だけど、個性的で魅力的なキャラクターやストーリー展開、駆け引きありの能力バトルに、コミカル要素、恋愛要素と全てが高クオリティでしっかり15巻で完結していた。かなりバイオレンスで容赦なくキャラクターが死んでいくので先が気になって一気読みしてしまうような作品です。殺し屋家業を肯定するような結末ではないところも見どころポイントです。熱くてキャラの魅力を存分に楽しめる漫画になってます。

タチバナ

悪視点の正義が色濃く描かれています!

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料

アカメが斬るを基本無料で読破出来ます!

1位:DEATH NOTE

作者:大場つぐみ、小畑健
巻数:全12巻
どんなマンガ?

名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

ひとこと感想

もはや説明不要の大人気マンガ。累計発行部数は3000万部を突破し、映画、アニメ、小説、ミュージカル、ドラマなど幅広いメディア展開を見せた名作中の名作。海外にも大人気で、「キラ」と名乗る模倣犯が実際に犯罪を起こしたり、ロシアでは「子供に死への興味を煽る」と発禁運動が起こったりと社会にまで影響を及ぼした凄まじい作品。斬新な設定と見応えのある頭脳戦は本当にワクワクしました。これぞダークヒーローという人物像が描かれています!

タチバナ

読んでいない人は真っ先に読むべき!

おすすめダークヒーロー漫画 まとめ

いかがでしたでしょう。

正統派のヒーロー作品とは違った魅力があり、ダークで重厚なストーリーとバイオレンス描写も過激で、正に大人のためのヒーロー漫画だと思います。
自分のルールに従って生きる主人公の生き様が良いんですよね。

数あるダークヒーロー漫画の中でも、読んでみて面白かった作品をご紹介させていただきました。共感していただけたり、新しい発見があれば嬉しいです。
逆にこれ面白いよというのがあればコメントで教えてもらえたらもっと嬉しいです!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です