『進撃の巨人season2』第35話 感想 挿入歌は「Call of Silence」澤野弘之が手がける素晴らしい曲だった!

タチバナですこんばんわ。

進撃の巨人season2の10話目にあたる「進撃の巨人35話を視聴しました。
ネタバレあり感想を書いていますので、まだ未視聴の方は注意してください。

原作組からすると今回の話は結構衝撃的だった
なぜなら、今回のユミルの過去回想話は原作の最新刊の内容だったから。
原作未読組は色々推測できるシーンがいっぱいあったと思う。これを描いたことで、ユミルがクリスタに執着する理由がより分かりやすかったし、ナイスな構成だったのかな。

原作だとユミルの回想が一切なく、ユミルがクリスタのことでゴネてライナーとベルトルトに喧嘩売って巨人化って流れだったはず。

それにしても凄まじいユミルのクリスタ愛そして巨人化したユミルのブスさ。
ここからまた盛り上がってくるところだから、ラスト2話はアクション豊富なエキサイティングな進撃の巨人が見られそう。

前回の記事はこちら

『進撃の巨人season2』第34話 感想 話は進まなかったけど、迫真の演技で見応え抜群!会話劇でもおもしろい。

2017.05.28

スポンサーリンク

進撃の巨人35話「子供達」感想


先走ったシーンを見せたせいで結構なネタバレがあった気がする。
原作未読組の人はどう感じたんだろう。なんのこっちゃで置いてけぼり食らってないだろうか。
まあ謎が多いほうがそれらが繋がった時に感激するからいいのかもしれない。一生懸命理解しようとしなくていいと思うw

じっくりやってるからテンポ遅めだけど、その分丁寧にユミルとかの感情が描けてて素晴らしい。
たぶん、アニメ進撃の巨人は丁寧に最後まで見せていきたいんだと思う。
原作で言うと現在12巻くらいだから、1クールで4~5巻分進めてる感じなのかな。最新刊が22巻なので、まだまだストックあります。早く3期、4期と続けていってほしいところ。

ユミルが人間に戻るシーンは幻想的で美しくてアニメクオリティ万歳。
挿入歌もめちゃくちゃ良くて、エンドロールでなんて曲なのか確認しようと思ってたら、曲情報が一切出てこなかった。なぜ!?!?!?
視聴後色々調べたけど、やっぱり不明。誰か詳細知ってたら教えてください。これです。

6/4追記:挿入歌判明!

Call of Silence」という曲名で、6/7に発売されるTVアニメ「進撃の巨人」Season 2 オリジナルサウンドトラックのDisc1の5曲目に収録されている曲です。
Anime PONY CANYONから公式配信されているこのYouTube動画で確認できます(5曲目)→https://www.youtube.com/watch?v=hsZFvj41OPg




クリスタパックンチョ


迫真せまるユミルの演技とそこから伝わってくる緊張感はアニメならでは。
テンションがガンガン上がってくるアニメの演出と盛り上がりが次回への期待を誘いますね。

今回ちょっと作画がサボり気味だったのでそこだけ残念だった。高クオリティを安定させてほしいところ。
その分、次回からのアクションには期待してる。

次回「突撃」

以上、「進撃の巨人第35話 感想」でした。

スポンサーリンク






2 件のコメント

    • コメントありがとうございます!

      サントラ買ったのでたまにこの曲聞いてますが、たっまらなく良いですね!!
      この幻想的で壮大なメロディーをしっとり聞いて欲しい。フルVerも震えるくらい良いですよ!

      和訳気になったので調べました。

      私の気持ちをちゃんと考えたことがある?
      こんなに焦げ付かせてしまっているのに
      向き合わなきゃ 伝えたいことがあるから
      口下手を理由にして逃げたりしない

      きっと今夜が再生の日だと分かるはず
      ボロボロにされても 私が側にいるから
      たとえこの身体が朽ち果てても
      もう二度と あんな思いはしたくないから

      だからもう泣かないで 私の愛しい人
      誇り高く戦え
      あなたは唯一の希望の星
      遠くから導く 未だ包囲された故郷へと
      (出典:Yahoo知恵袋

      ユミルの心情を歌ったラブソングですね。クリスタ側とも取れるかも。
      いやー、名曲!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。