『ボールルームへようこそ』第1話 感想 王道の青春スポコンアニメ!ダンスシーンに期待!

どうもタチバナです。

青春スポコンアニメ「ボールルームへようこそ1話を視聴しました。
ネタバレあり感想を書いていますので、まだ未視聴の方は注意してください。
ちなみに原作のマンガは読んでません。

こういう青春スポコンアニメ大好き。
社交ダンスなんて一切知らないけど、かなり丁寧に分かりやすく描いていってくれそうな雰囲気。
作画の質も高いし、1話を見て爽快な感じもしたので視聴決定。

色々泣ける系のアニメってあるけど、スポコン系の感動が一番好き。
このボールルームへようこそにも期待できそうだし、打ち込んだ姿を目一杯みての感動を味わいたい。

マンガも人気している作品のようだし、ストーリーも王道な感じがしてそうで分かりやすい。
題材はダンスという変化球ながらも、伝わってくるであろう青春と情熱を感じていきたい。

1話あらすじ
やりたい事もなく、進路に悩む中学3年生・富士田多々良はある出来事をきっかけに現役のプロダンサー仙石要と出会う。仙石に連れられ、小笠原ダンススタジオへ足を踏み入れた多々良は、初めて社交ダンスの世界に触れ、同級生の花岡雫の真摯な姿にショックを受ける。煌びやかに踊るダンサー達の映像に魅せられた多々良は、再び小笠原ダンススタジオへ向かい…

スポンサーリンク

ボールルームへようこそ 1話「小笠原ダンススタジオへようこそ」感想


将来の夢も趣味もない主人公が、青春を捧げて打ち込める何かを見つける。まさに王道の展開。
しかし社交ダンスという題材が凄いよね。思春期+社交ダンスって他にまずない気がする。
唯一無二の青春ダンスアニメがどうなっていくのか楽しみ。

キャラデザもかなり濃い目だけど好き。
ダンスシーンの動きやカットの演出も良くて見応えがある。
まったくなかったダンスの知識も吸収できるし素晴らしい。

ナヨナヨ系の主人公って見てられないけど、自分を律する心理描写が入ってきて安心できる。
青春アニメだから恋愛要素にも期待です。

ボックス


一晩中ダンスて笑
これまた真っ直ぐな性格のテンプレのような主人公像。
ダンスという変化球があるからあとはストレートでいいんですよ。とても観やすい。
だからこそちょっとずつダンスを通じて成長していく姿が見れて爽快な気分になれる。

なにより女の子可愛い。しずくちゃん。とても中学生には見えない。
男もイケメンだし、男女ともに楽しめる作品だよね。

熱い青春ドラマに期待です。

以上、「ボールルームへようこそ 1話 感想」でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。