『Fate/Apocrypha』第15話 感想 天草VSジャンヌの構図が完成!第2部のスタート!

どうもタチバナです。

Fateシリーズのスピンアウト作品「Fate/Apocrypha15話を視聴しました。
ネタバレあり感想を書いていますので、未視聴の方はご注意ください。

ゴルドおじさんがメキメキと頭角を表してきてて笑える。
あんなに小物臭を匂わしてたのに、まさかここにきて成長してくるとは・・・。
正直ゴルドおじさんめちゃくちゃ好き。

15話あらすじ(クリックorタップで表示)

前回の感想はこちら

『Fate/Apocrypha』第14話 感想 ふたりはプリキュア!まさにそんな感じだった。

2017.10.08

スポンサーリンク

Fate/Apocrypha 15話「道は違えど」感想


やっとキャラのバックボーンや思惑が描かれてきたかもしれない。
Fateと言えばこのキャラ描写が丁寧なことに定評があったのに、ここにきてやっとだね。
それもこれも、いらないキャラが多すぎたせいだったのかなという印象。

15話にしてやっと描きたい駒が綺麗に揃ったって感じ。
やっぱりどう考えても14騎のサーヴァントとマスターは多すぎたし扱いきれてなかった。
なんというか、ようやくスタートラインに立ったって言えるんじゃないだろうか。

赤と黒の陣営という構図も、天草陣営とジャンヌ陣営にしっかりと切り替わった。
これでジャンヌは心置きなくジークを面倒みれるようになったし、贔屓できるようになった。
そして早速、令呪を2画渡してて笑った。あれ、他のマスターはどう思ったんだろう・・・笑

獅子GOさんとモードレッドコンビはしっかり抜け目ないし良いですね。
漁夫の利を狙う一番おいしいポジションに収まったわけだ。

養子だけど子供を殺してしまった獅子GOさんと、親を憎んで反旗を翻したモードレッド。
この2人の物語の行く末がどうなるのか見ものですね。

全人類の救済


大聖杯って複数の人の願いを叶えられるものだったっけ。
イマイチよくわかんないんだけど、天草四郎なら何か方法を知っているということなんですかね。

全人類の救済ってのも何やら不穏めいてるけど天草なりの正義なんだろうし、そのやり方や最終どういった着地が描かれているのかも楽しみ。
赤のキャスターが言ってたけど、天草側が聖杯を手にする流れの方が圧倒的に面白そうなんだよなぁ。かたやジークの願いはホムンクルスの救済だっけ。
あまりにもちょっと陳腐だしパンチが弱い。

これから変わっていくのかは謎だけど、天草側を応援したくなるよね。

前回でかなり気持ちが離れかけてたけど、なんとか持ち直した。
これまではかなりアレだけど、ここからのアポクリファに期待していきたい。

以上、「Fate/Apocrypha 15話 感想」でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。