『Fate/Apocrypha』第16話 感想 忘れかけてたジャックザリッパーがついに動き出す!

どうもタチバナです。

Fateシリーズのスピンアウト作品「Fate/Apocrypha16話を視聴しました。
ネタバレあり感想を書いていますので、未視聴の方はご注意ください。

ジャンヌの頭の中がジーク一色でホントに笑える。
もはやツッコミどころ満載のギャグアニメと化してきたけど、ここまで見たんだから最後まで頑張りたい。
なんでいたのかよくわからない黒アサシンとの戦いが続きそうでツライ。

早く天草視点とモードレッド視点が見たい。
スポット当てる陣営間違えてるでしょこの作品。

16話あらすじ(クリックorタップで表示)

前回の感想はこちら

『Fate/Apocrypha』第15話 感想 天草VSジャンヌの構図が完成!第2部のスタート!

2017.10.15

スポンサーリンク

Fate/Apocrypha 16話「ジャック・ザ・リッパー」感想


このジャンヌの表情が全てを物語ってて残念すぎる。
黒アサシンの悪事にまったく気づけてないし、ルーラーとしてどうなの笑

アサシンの調査もルーラーの令呪があればどうとでもなりそうなのに、ユグドミレニア当主にまったく護衛つけない無能っぷり。

ジャック


当主をサクっとやってくれたら盛り上がるのにそれができないジャックちゃん。
何か持ち去ろうとしてたし、重大な何かがまだあるのかな。

そして変身してないホムンクルスのジークがジャックの攻撃を凌げる主人公補正っぷり。
ちょっとずつ強くなってきてるのか、はたまたジャックが弱すぎるのか。
ジークフリートが少なからず入ってるから強くなってるのかな。

いやもう早く天草視点見たいです。

以上、「Fate/Apocrypha 16話 感想」でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。