『リトルウィッチアカデミア』第16話感想 ロッテの実家はフィンランド!ムーミンにサンタクロース!

ムーミン谷のミィにソックリなキャラが登場したアニメ「リトルウィッチアカデミア」16話を視聴しました。
ネタバレありで感想書いてますので、まだ未視聴の方は注意してください。
前回の記事はこちら→『リトルウィッチアカデミア』第15話感想 自然に涙が溢れるキラキラと素敵な神回!

今回の16話は1期の前半にやっていたようなノリで楽しく見れました。
なんといっても久しぶりにスーシィがガッツリ動いててハッピー!
このお話の脚本のうえのきみこさんは絶対にスーシィが好きなんだと思う。
うえのきみこさんが脚本のときは、ほんとによくスーシィが動く。スーシィ好きの波動を感じて仕方がない。

そしてまさかのこのノリで4つ目の言の葉を開放させてました笑
まさかこの軽いノリで言の葉がくるとは思ってなかったのでビックリ!

スポンサーリンク

フィンランドのロッテの実家


フィンランドと言えば、ムーミン!そしてサンタクロース!
どちらも絡めてきてたのはさすがでした。
ロッテのお隣さんがムーミンに出てくるミィにソックリでした笑

ここ最近はシリアスな展開が続いていたので、久しぶりにギャグ回になってましたね。
こういうドタバタな感じこそTRIGGER作品ならではなので、とても良かったです。

とにかくスーシィがたくさんしゃべってたので大満足。
かなりテンション高めでしゃべってたのでちょっと新鮮でした。

露骨なまでにアッコの忍耐力のなさが描かれていましたね。
かなり強引なくらい4つ目の言の葉開放に向けて展開していたと思います。

4つ目の言の葉「マエナブディシブード」


薬の材料になる重い荷物を持って途方に暮れながら帰路についている途中で、アッコの心理描写が描かれていました。
今まで心理描写が描かれていたことってありましたっけ?かなり違和感があった。

「あんたの代わりなんていくらでもいるよ」とネガティブ全開のアッコ。
ポジティブが取り柄のアッコの、この弱気な描写も初めて見た気がします。
これが描かれた意味は、なにかこの先にも絡んできそうな気がしたりしなかったり。
なんにせよ、ネガティブなアッコはアッコらしくないので見たくないですね。

大変な苦難を乗り越えて忍耐強く成し遂げた先に、4つ目の言の葉が開放されました。

ギャグ回で忘れがちですが、みんなの命を救った凄いことですよねこれ笑
完全に凄いことを成し遂げているので、4つ目の言の葉が開放されたのでしょう。

そしてかなりサラっと触れられましたが、シャリオとクロワはやっぱり昔は共に言の葉を探していたようでした。

ウッドワード先生の元で一緒にやっていた2人に一体どんな過去が。

そういえば今回はダイアナがでてこなかった。寂しい。
残り3つの言の葉。ダイアナはいつ絡んできて、クロワ先生がどう動くのか。
先の展開が気になって仕方ないです。次回も楽しみ!

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。