『リトルウィッチアカデミア』第24話 感想 ついにシャリオとアッコの夢が叶う!7つ目の言の葉が開放!

タチバナですこんばんわ。

いよいよ大詰めに差し掛かった「リトルウィッチアカデミア24話を視聴しました。
ネタバレあり感想書いてますので、まだ未視聴の方は注意してください。

なんだかとっても味気なかった。クロワに期待しすぎてしまってた感。
重要なクロワ問題がどうにも詰め込みすぎてやっつけな感じがして仕方なかった。
あれだけ色々準備してたのに、結局ただの空回りで、アクションでごまかしながら絶望描写。

クロワの野望がこんなにもあっさり散ってしまうなんて、あんまりだよ・・・。
シャリオとの因縁も予期せぬ事態でやっつけでアクションして無理やりまとめた印象。
あくまでもTRIGGERは最後はアクションアニメとして締めたいみたい。

1話まるまるクロワ回の勢いで、もっと丁寧にやってほしかったなぁ。
そんなこと言いながら、アッコの「シャリオ、やっと会えた」には泣かされたけどね。

24話あらすじ
人々の感情を吸い取り魔法エネルギーに変換して起動したノワールロッドは、究極魔法の封印を解く鍵になる。絶大な力を持ったノワールロッドを変形させ封印を解くためクロワはアルクトゥルスの森へ向かう。だがクロワの想定を超えて力を得た魔獣は意志に反しクロワに向かって攻撃を仕掛けはじめる。アーシュラはクロワを助けるため身を挺して魔獣に立ち向かうが…

前回の記事はこちら

『リトルウィッチアカデミア』第23話 感想 サブタイトル「Yesterday」の意味。テーマは同じ「believe」だった!

2017.06.12

スポンサーリンク

リトルウィッチアカデミア 24話「アルクトゥルスへの道」感想


10年かけて研究したものがいよいよ完成し、クロワの長年の想いをのせてついに封を切るノワールロッド。
これまで溜めに溜めてきたクロワの切り札で、最大の見せ場である大トリ飾るはずだった。
しかしフタを開けてみれば研究してたものが暴走するありきたりで一番拍子抜けするパターンのやつ。

そしてグラントリスケルの封印を解いたものの、彼女の想いが届くこともなくただただ絶望。
万策は尽きて暴走する切り札にお手上げの状態で、シャリオの「クロワはやらせない!」
なんだこのやっつけ感。全然シャリオにもクロワにも感情移入できないし、2人の積み上げてきたものに対して浅すぎる気がしてならない。

最終回でさすがに何かあると思うけど、ちょっとこの展開には期待ハズレもいいところだった。

クロワは本当に自分が選ばれなかったという嫉妬だけでここまできたんだろうか。
クロワを突き動かす過去とか、まだ全部出しきれてない気がするけどはてさて。

7つめの言の葉


ついにシャリオと正面から対峙するアッコのシーンは感慨深いものがあった。
シャリオに会いたいという一心でこれまで頑張ってきたアッコの夢が叶ったシーンであり、信じ続けたからこそ辿りつけた場所。
シャリオ、やっと会えた」と笑うアッコのこの一言の重みは、これまでのストーリーを全てなぞった一言だったし胸にジーンとくるものがあった。

そんなアッコがシャリオに語るシーンはやっぱり泣けた。
そしてアッコの夢であり憧れたシャリオよりも、いつもそばで励ましてくれたり、練習に付き合ってくれたり、何があっても助けてくれたアーシュラ先生のことを選んで、先生で居てくれと笑うアッコには感動させられた。
アッコが笑顔になることで、シャリオの背負ってきた罪も下ろせたし、「人を笑顔にすることができる魔女」というシャリオの夢も叶った。美しいシーンだった。

夢は育つと言って開放させた7つ目の言の葉。
「シャリオに会う」「シャリオみたいになる」という夢から、「みんなを笑顔にする魔女になる」という夢に変わったアッコ。
「シャリオはシャリオ、私は私」と言いながら本質的にシャリオに近づいていくアッコの成長っぷりは、これまでの道のりを見てるみたいで本当に感慨深かった。

「これが、世界改変魔法……」とクロワが言っていたけど、完全にミスリードだよねこれ。
このアルクトゥルスの森が明るくなっていくのは7つ目の言の葉の魔法だと思うから、世界改変魔法グランドリスケルがまだ残ってる。

色んな伏線が回収されたけど、あと残っているのはクロワ先生は置いといて、世界情勢とアンドリュー、ノワールロッドの暴走とグランドリスケル、そして月といったところかな。
これだけ色々あって、最終話に見せ場のあるアンドリューも中々凄い。

かなり不穏な引きだったことと、TRIGGERのことだから最後はつらめのエンディングになるかもしれない。
文字通り世界を救い世界を変えることになるアッコは一体どうなってしまうんだろう。何が起きるのかラスト楽しみすぎる。

そんなTRIGGERは、最終回の一番いいところでオープニング曲が流れるからそれの演出も期待。
ドッキドキーのワックワクーで日曜日を待つのも最後。震えながら待つとします。

以上、「リトルウィッチアカデミア 第24話 感想」でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。