『メアリと魔女の花』感想 映像美はさすがだったけど、シンプルにつまらない退屈な作品だった。

どうもタチバナです。

スタジオポノックよる公開された「メアリと魔女の花」を視聴してきました。
ネタバレあり感想レビューを書いていますので、まだ未視聴の方は注意してください。

無類のジブリ好きとして、ジブリ作品は大体は映画館に足を運んで観ています。
米林監督の作品である「借りぐらしのアリエッティ」や「思い出のマーニー」は好きじゃないんだけど、今回はスタジオポノックという新たなステージにて心機一転した作品ということで、期待と応援の意味も込めて早々に足を運びました。

結果から言ってしまうと、ただただつまらなく退屈だった。
子供向けだからと言ってしまうとそうなのかもしれないけど、描写が足りなすぎてまったく感情移入できなかったし、許容を超えるご都合主義展開、頭の中にハテナが残る設定。
練り込まれていない脚本だった気がしてならない。

風景描写や魔法の描写などの絵で見せるアニメーションは流石と思わせるモノがあっただけに、なんとも残念でした。
気になった部分を触れていきたいと思う。

メアリと魔女の花 あらすじ(クリックorタップで表示)

スポンサーリンク

メアリと魔女の花 ネタバレあり感想


ストーリーは王道ですよね。
ドジっ子で赤毛にコンプレックスがある少女が、魔女の花を見つけたことから魔法の世界に導かれて、そこで起こる事件に巻き込まれて大きな困難を乗り越えることで成長していくという流れ。
いいんですよジブリっぽくて。世界観もファンタジーしてて良かったし、映像美はさすがでした。

だけど、そのストーリーが本当に平凡。抑揚がなくて、たんたんと進んでいく感じ。
驚いたり、笑ったり、ドキドキしたり、感動したりが一切なく感情を揺さぶられることが無いまま終了。
冒険ファンタジーで感じるワクワク感がなく、感じ取らせなければいけないものを全て言葉で説明してきて苦痛だった。

まず描写が足りないと言った部分は、やっぱりメアリとピーターの関係性。
2人の関係性がマイナスイメージからスタートしたのは別に良いんですけど、そこから2人の関係性が進まないままピーターが危機的状況になって、必死になってメアリが危険を顧みずに助け出そうとする流れ。
コンプレックスである赤毛をバカにされた挙句、サル呼ばわりされた相手のために必死になってもその行動に全然説得力を感じなかった。”私のせいで”という自責の念からというのもわかるけど、行動原理として弱いと思った。
もっと2人の関係描写をしっかり描いてピーターの足りなすぎる背景を補完して、「助けるに足る人物」であるとメアリだけでなく視聴者にも思わせてほしかった。

魔法学校も謎が多くて背景描写が疎かだったと感じる。
魔法と共存する世界でもないのに、空の上に魔法学校が存在し学んでいる連中がいて、当たり前のように存在する魔法の国。
一体彼らは何者で、どこからやってきて、どこで学んだことを活かしているのか。生徒たちが大勢いたけど、後半あれだけ騒ぎになっているのに一切出てこないのはなんだったのか。というか先生はマダムとドクターだけなのかな。なにも見えてこない。

そして動物たちのずいぶん統率のとれた行動。
ファンタジーの世界にしても不自然すぎてどういう存在なのか謎すぎる。

悪役のマダムとドクターにも魅力を感じないし、良くわからない理屈を色々口で語って野望に燃えていたけど、なぜそこまでとりつかれるように燃えていたのかまったく背景が見えない。
結果、過去の失敗を繰り返しただけみたいな感じだったし、彼らの心情が何か変わったわけでもなかった。

そして最後、魔法が全てなくなったのに何故か箒に乗れる設定無視の意味不明さ。
あまりにもご都合主義すぎて白けて仕方なかった。

最後に一粒持ってた花を使えば良かったんじゃないの普通に。それをなぜか投げ捨ててたし・・・。
またその粒で地上に花が咲いて同じことが繰り返されるかもしれないとか考えなかったのかな。

他にも、メアリとシャーロット家の関係性や、ポジティブ超人のピーター、魔法の花の秘密など細かいツッコミどころが多々ありますがこの辺にしておきます。

メアリと魔女の花 総評

気合の入ったアニメーションらしい描写の数々はさすがだっただけに、物語としては作り込みが足りなかったという印象。
作り込みが足りないから感情移入もできないし、感情も揺さぶられない。だから退屈。
やっぱり宮崎駿監督はすごかったんだなと改めて思わされました。

これまでのジブリ作品のオマージュが満載の描写だったりは個人的には楽しめました。
しかしそのためか、どうしても既視感は拭えなかったと思うしオリジナリティも薄かったですね。
今作に新しい何かを感じることもなかったし、要は新鮮さがなかった。

そして、厳しいことを言ってしまえばジブリを引き継ぐ意思を見せたのかもしれないけど、この映画には全くそんなパワーは感じなかった。
ジブリから独立したのなら、心機一転したところを見せてほしかったのに結局ジブリ風をなぞっているだけ。
宮﨑駿監督から引き継いだのは映像の部分だけだった気がする。

音楽に関しても一切印象に残らなかったし、残念。
それと、声優に役者を使うスタイルまで引き継ぐことはないんじゃないかと思った。
今作でも明らかにハマっていないと感じたし、このジブリのキャスト選びの悪行は断ち切るべき。

風立ちぬで庵野秀明さんを起用した悲劇を繰り返さないでほしい。
観る側として、キャストの話題性より映画の中身で勝負してほしいんだから。
声優というプロがいるんだから、プロの仕事を見たいですよ。

正直、満を持して作り上げた作品がこの出来では、今後に期待することもできない。
「まだ1作目だし」と温かい目ができる内容ではなかったと思う。

以上、「メアリと魔女の花 感想 レビュー 総評」でした。

スポンサーリンク






5 件のコメント

  • 自分が思ったとおりの感想ですね
    あまりにもつまらなかった

    映画の途中、一緒に見ていた彼女に
    「今のところすげぇつまらないんだけど、これから面白くなるんかな?」と聞くと
    「たぶんならないと思う」と一言返された
    その通りだった

  • 途中退場される方もいたぐらいですし、やっぱりどうにも退屈でしたね。
    最後くらい気持ちよく綺麗に終わるのかなと期待してましたが、最後の最後までイマイチでした笑

  • 見に行きました。
    冒頭から数分の時点で、【魔女の宅急便?】
    魔女大学は【ハリーポッター?】、
    動物の鹿?のシーンはヤックル?【もののけ姫?】
    と、うーん・・・って思いながら見ていました。
    話に深みがなく、大奥様とお手伝いさんは、魔女の宅急便に出てくる雰囲気そのまんま。
    最後のほうで、いきなり大奥様は○○だった とかカミングアウトあるし、展開が急な割りに、説明不足。
    【スタジオジブリの~っていう宣伝の仕方が、完全に裏目っている】
    【あのスタジオジブリの~って期待をもってみるとガッカリしてしまう】

  • 全く同じ感想を抱きました。
    一緒に見に行った友達ふたりはおもしろかったとおもっていたみたいなので
    そのあとこのもやもや感も消化できず、苦しみました。

    なかなか評判がいい映画のようですし、
    ハプニングが起きた時の展開は引き込まれたのですが、
    その周囲のストーリー性(人間関係や話の展開の浅さ)がみていて辛いレベルでした。

  • メアリの大おば様が、終盤に冒頭の赤毛の魔女だったが今は魔女ではないとカミングアウトしていますが、なぜ今は魔法が使えないのか…。魔女の家系であれば、メアリも魔女の素質があってもいいように感じてしまいました。

    そもそも、ぱっと湧いてきたメアリを、誰かと勘違いして…等の理由もなく、単純に新入生として迎え入れているのも、疑問が残るところです。

    期待して観に行っただけに、少し残念に思い、こちらのサイトを拝見させて頂きました。作品は退屈な部分がありましたが、同じ様に感じている方がいて、良かったです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。