『冴えない彼女の育てかた♭』第1話 感想 これぞ冴えカノワールド!

待望の2期が始まったアニメ「冴えない彼女の育てかた♭」1話を視聴しました。
ネタバレありで感想を書いていますので、まだ未視聴の方は注意してくださいね。

約2年ぶりの”冴えカノ”に歓喜!
1期面白かったので、2期の放送発表を聞いたときは

きたか…!!

( ゚д゚) ガタッ
/   ヾ
__L| / ̄ ̄ ̄/_
\/   /

と、この日を待ちに待ってました。

何とも言えない登場人物達の距離感と青春がたまらなく好きなんですよ。
女の子達もみんな魅力的ですし、ちょっとしたチラリズム的エッチ描写も雰囲気が相まって素晴らしい。
2期にももちろん期待してましたし、1話を見て期待通りだったのでハッピー!

スポンサーリンク

難聴鈍感最低主人公くん


ここの加藤恵ちゃんの冷静で冷酷な突っ込みはパンチ効いてましたね笑
倫也くんは、アニメ主人公が持っていなければならない超鈍感特性をしっかりと持ち合わせているので、この物語は成り立っているのです。
だからこそ安心して見ていられますし、時にはイライラ、そしてハラハラさせられるのです。
この冴えカノにはなくてはならないので、倫也くんは「難聴鈍感最低主人公くん」でいいのです。

いつも通りなうたは先輩とえりりのやり合う日常。
それを傍観する恵、自分の世界に生きる倫也。これぞ冴えカノワールド!
絶妙なスカートの短さも最高です!

そしてOPも良かったですね!
曲も映像も素晴らしかった~。

うたは先輩とえりりの出会い


2期の1話にしてようやく2人の出会いと因縁の始まりの全貌が明らかになりました。
そういえば1期ではお互いすでに知っている仲のようだったので、ここにきてついにですね。

出会いからあんなに険悪だったんですね笑
でも、お互いクリエイターとして認めあっていて、お互い作品で感動させられていて、言わば相手のファン。
だからこそ、恋する乙女として負けられないというライバル視。

これを敢えての2期にもってくる演出がニクイですね!
キャラの関係の掘り下げも終わりましたし、ここからようやく物語が動き出す感じですね。

ハーレムアニメなんだけど、よくある下品な感じじゃなく青春ラブコメしているところが素晴らしいし引きつけられるんだと思います。
この絶妙な距離感で、1つの物づくりを完成させていってほしいですね。

オチが良かったー!
サイン色紙をお互いが頬染めながらほしがるとか、もうなにこのツンデレ2人組。
仲悪いと見せかけての、この相性の良さ。ズルイわ~ええわ~。

ほっこりする終わり方に、今後の期待がふくらみました。
次も楽しみです。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。