『神撃のバハムート VIRGIN SOUL(バハソウル)』第21話 感想 「全魔族を招集するんだ」ついに物語はクライマックスへ!!

どうもタチバナです。

バハソウル”こと「神撃のバハムート VIRGIN SOUL21話を視聴しました。
ネタバレあり感想を書いていますので、未視聴の方はご注意ください。

ここまでクライマックスの入り口感を感じることってある!?たっまらん。
王道も王道の展開で見ていて最高に気持ちがいい。めちゃくちゃ高まる!!!

しかし、大戦を引き起こすきっかけがアレサンドとは一体誰が予測できたでしょう笑
いよいよラストに向けて盛り上がってきて、楽しみと同時に終わる悲しみも襲ってきてます。

前回の記事はこちら

『神撃のバハムート VIRGIN SOUL(バハソウル)』第20話 感想 え、ちょっと!?アレサンドうわああああああああああ

2017.09.02

スポンサーリンク

バハソウル 21話「Vengeance」感想


ムガロちゃんが死ぬシーンのBGMだけのサイレント演出スゴイ良かった。
生死がどうなるかわからないグッと息を呑む展開を丁寧に味わえたと思う。

まさかリタの治療ありきで死んでしまうとは思わなかったし、そしてその死が再び大戦が始まるきっかけになってしまうとは。よくよく考えたら、神と魔のキーマンのポジションにいましたね。
サブタイトルの復讐というのは、ジャンヌとアザゼルひいては神と魔の人に対する復讐ってわけだ。

ジャンヌはわかるけど、しっかりアザゼルさんもブチ切れてて、ホント悪魔かよってくらい人の心を持ってるアザゼルさんめっちゃ好き。
アザゼルさん泣いてたしね笑

そしてそんなことを仕出かした張本人は漆黒兵の裏側見てピヨピヨ。
人殺しといて自分は死ぬ度胸のないアレサンドのクズっぷりはどうしようもない。

というかディアスはカイザルのこと好きすぎでしょ笑
さらっと流されたけど、ディアスが手に入れた情報の価値が半端ねえ。必殺仕事人。

「久しぶりだな、アザゼル」


ここで満を持してルシフェル登場はテンション上がるでしょー!!
うおっ!ってリアルで声でるくらい感激しましたね。やっと魔が動き出すのかと!
「全魔族を招集するんだ」とかめちゃくちゃワクワクする。ずっとこの時を待ってた。

そして傷心状態のガブリエルがちょっと可愛かった笑
体育座りで落ち込んでるとこに、ジャンヌとソフィエルが戻ってきて笑顔になるとかちょっとネタキャラ化してますね。
神のトップというオーラがまったくなくて笑える。

あと、ジャンヌとソフィエルが合体してしまったのがかなりショック。
ジャンヌはジャンヌであってほしかったというか、見た目がソフィエルになってしまっていて魅力が大幅ダウンしてしまった。

最終的にやっぱりニーナとファバロの師弟コンビ!ファバロのいる安心感もだけど、アーミラと非恋になったファバロがどうニーナを導くのか。楽しみすぎる。

ここまで来てまだシャリオスのやろうとしていることが謎に包まれてる。
全てがシャリオスに集まるけど、この大トリとも言えるシャリオス視点が見ものですね。
一体何をシャリオスは抱え込んで、成そうとしているのか。

さすがに次週明らかになりそう。
調べたらDVDの4巻が24話〆なので24話構成みたいですね。
つまりあと3話・・・。

終わっていくのがもの凄く悲しい。
来週を震えて待つ・・・。

エンドカード。ルシフェルの活躍が見たすぎる・・・!

次回予告。堕天使ブラザーズ最高に好き。

以上、「神撃のバハムート VIRGIN SOUL(バハソウル)21話 感想」でした。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。