『シュタインズ・ゲート ゼロ』23話 感想 まゆしぃのビンタ一発に詰まった全ての想い!

トゥットゥル~♪タチバナです最終回です。

シュタゲゼロ”こと「シュタインズ・ゲート ゼロ23話を視聴しました。
ネタバレあり感想を書いていますので、未視聴の方は注意してください。

凄いなぁシュタインズゲート。そういうことだったのか。
無印でSG世界線に辿り着いたけど、実はそれだけではなく、このゼロのストーリーがあってこそのSGだったとは。過去や未来が全て重なり合ってあの無印のラストがあるということをより深く描いたストーリーだったわけだ。

つまり
シュタインズゲート 1話~22話

シュタインズゲート 改変23話

シュタインズゲートゼロ 1話~23話

シュタインズゲート 23話~24話
という1つの物語だったんですね。

たしかにSG世界線はひとつしかないし、それを目指すということは無印に回帰するのは当然なんだろうけど、まさかあの裏でこんな物語が展開していたとは恐れ入りました。
無印の24話では無印の1話を並行して進めてるんだし、この構成の凄まじさというかストーリーの完成度、奥深さは他のアニメ作品を圧倒している気がする。やっぱりシュタゲは面白かった。

23話あらすじ(クリックorタップで表示)
過去に向けて「Dライン」を送ることで、「アマデウス紅莉栖」の存在は消失した。これで、ロシアがタイムマシン争奪戦に介入する余地はなくなった。あとは、レスキネンとの対決をいかに乗り切るか--。いよいよ「シュタインズゲート」へと至る最後の戦いが始まろうとしていた。(引用:シュタインズ・ゲート ゼロ公式サイト)

前回の感想はこちら

『シュタインズ・ゲート ゼロ』22話 感想 アマデウス紅莉栖のラストメッセージ

2018.09.20

シュタインズ・ゲート ゼロ 23話「無限遠点のアークライト」感想


ラストの「待たせたな!」がカッコ良すぎてめちゃくちゃ泣けた。あのオカリンの立ち姿と表情には痺れたし、物語の締めとして気持ちよすぎました。無印の鳳凰院凶真はあんなに痛かったのに、キャラの感情の積み重ねがあるからとにかくその鳳凰院凶真がカッコよく見えて半端なかった。まゆしぃの細かな表情描写も本当に素晴らしかった。とにかく熱い最終回で、なんて愛おしい物語だったんだろうと余韻に震えてます。

でも、よく考えたらゼロは、まゆしぃのビンタ一発に全てを繋げたわけですね。結果だけみたらビンタ一発だけど、あのビンタ一発にどれほどの想いが積み重なっていたことか・・・。いやはや面白かった。

無印は語り継がれるほどに素晴らしいアニメだっただけに、続編にも並々ならぬ期待はしていましたが、しっかりシュタゲらしく毎週ワクワクさせてくれる素晴らしいアニメに仕上がっていたと思います。あの無印をさらに深掘りして補完するストーリーってのがお見事としか言いようがないですね。続編で過去作の質を上げたって感じだもんね。

2作目でもここまで面白い作品ってなかなかないと思うし、これほどまで面白い作品を作ってくれたスタッフ陣には本当に感謝。
とりあえず、もう一度無印を見直して、まゆしぃのビンタを受け止めてシュタインズゲートに辿り着きたいと思います。

「シュタインズ・ゲート ゼロ」23話 ツイッター感想

@yuzinA95

最後のオカリンカッコ良すぎ…やっぱシュタゲ最高だわ…

2018-09-27

@yas_dita

まさかのβ世界線でのアナザールートをこうもここまで完璧にアニオリジナルストーリーとして完成させるとか…
ネ申 制作陣に感謝と尊敬を!
最高でした!

2018-09-27

@4xnFh3XBCpLmin5

最後のオカリン超カッケー!ちゃんと迎えに来れたんだと思うと、すごく嬉しい。ゲームや小説だと旅立って終わりで、結局どうなったかわからなかったし

2018-09-27

@norakuroakira

無限遠点のアークライト
感動した!!😭😭
世界線がバラバラで収束がつかないんじゃないかと思ったけど、ちゃんとα世界線に戻ってオペレーションスクルドに行き着いたのがよかった😭
あとゲームでは描かれてない部分もあったとの事で。カッコよすぎるぜ!鳳凰院凶真!😭😭

2018-09-27



@TSUKUNE_kune

叡智を求め滅びへ向かう神からの最後通達に抗った者達によるエピグラム
最初のオカリンを騙す為の壮大なゼロの物語
いやー、感動
挿入歌が流れた時は鳥肌たったわぁ
最後の織姫を向かいに行く彦星の姿がカッコよすぎて痺れました。

2018-09-27

@toyki326ecstacy

やばい
たとえ後付けだったとしても、無印のまゆしぃのビンタの前にこんな壮絶な物語が隠れてたのも凄いし、そこに関しては普通に感動した。
ただそれ以上に、紀元前18000年に流れて帰れなくなったまゆしぃたちの前に現れたオカリンがかっこよすぎて鳥肌と涙がやばかった

2018-09-27

@Speyer1529

まゆしぃが過去のまゆしぃに電話してるところとか最後2人を迎えに行くところで泣いた
それとHacking to the Gateが流れ出したところは鳥肌たった

2018-09-27

@nozorin26637312

てか、本当に次で最終回なのか?1話でまとまるのか?って一部で言われてたけど、原作プレイした人も納得の最高の回にしたの、さすがシュタゲのアニメだなって感じ!

2018-09-27

@AnImeNOTO

もし1番好きな主人公だれ?かっこいいと思う主人公はだれ?って聞かれたら真っ先に岡部倫太郎と絶対答えるな
普通に考えてみて剣も銃もましてや能力もなにもないただの一般人、科学者なんだよ?あれはもはや異常だよ…

2018-09-27

@MMR417

鳥肌が立つほどのラストの凄まじさ。本当のシュタインズ・ゲートは本編24話のオカリンに任せて、この世界のオカリンは自分なりの世界を手に入れたのでしょう。
ラストに本当に観たいシーンを魅せて頂けて満足です。

2018-09-27

@haikion_stratos

ゲーム版では語られなかったオペレーション・アルタイルの結末がわかってすごく幸せ
挿入歌のタイミングといい、Cパートの使い方といい、終盤のシュタゲゼロは神回続きで飽きなかったな!

2018-09-27

@vPDg0G10GsVlgQL

また、いつか…これ以上続けるのは蛇足なの気もするけどSG世界線のオカリン・紅莉栖・真帆の会話とかも見てみたい。そういう願望とか妄想は何年も抱いてたりする

2018-09-27

@alterEgo2_04

『ゼロ』は「こいつ厨二だな」という視点を自己言及的に盛り込むことで、キャラクターと物語に二重性を生んだ作品だった。おかげで僕らはしばらくの間“凶真ロス”に苦しむことになったけど、最後に最高にカッコいい鳳凰院凶真に会えた。ありがとう!スタッフの皆さま、お疲れ様でした!

2018-09-27

以上、「シュタインズ・ゲート ゼロ 23話 感想」でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。