『銀の墓守り 第1話 』感想 いきなりクライマックスレベルの戦闘!

15分枠のTVアニメ「銀の墓守り」の1話が放送されたので視聴してきました。
中国のWebコミックが原作という作品ですが、ネタバレありで感想を書いていきたいと思います。

キャストは、福山潤さん、小清水亜美さん、水樹奈々さんと豪華な顔ぶれ。
公式サイトの紹介では、ゲームの世界に吸い込まれてしまった主人公が、その世界でバトルを繰り広げる”ゲーム異世界バトルファンタジー”作品ということでしたが、1話を見たところまだまだ全貌がまったく分からないという感じでした。

OPは古臭さは半端なかったですが、曲は割りと好きです。
全体的にも古臭く感じるといった印象。まだまだ見えてこない。

スポンサーリンク

現実世界と平行して、異世界が繰り広げられているよくあるパターンのやつ!


なにも知らずに平穏な学園生活を送っている少年少女達と、その裏で平穏を守って異世界で戦っているという主人公。
そして、その主人公のことを知っていて、現実世界で学園生活を送る誰もが慕う才女。
この主人公とヒロインのお話なんだろう。

作画は悪くない。
物語は異世界の方へシーンを移し、いきなりクライマックス級の戦闘へ。
のっけからオームの群れみたいな敵が大量に湧いてきて、主人公に襲いかかります。
主人公が守っているポイントのことを宝とかどうとか言ってたので、おそらく敵の目的はポイント奪取だと思います。
主人公が強い!三國無双のように敵をバッタバッタとなぎ倒し無双してました。
戦いが始まると、なぜか敵はポイントには目もくれずに主人公に向かってアタックしてきます。

あれ、敵の目的は・・・?

細かいことを気にしてはいけないアニメのようでした。
おそらくこの次の話からは、主人公がなぜそんな世界にいって、そういうことになってるのかという過去のお話に繋がっていくんだと思います。

作画も悪くないですし、展開もありきたりな気がしますが主人公とヒロインの絡みが見てみたいです。
15分アニメというところがポイントですね。

また次回も見ようと思います!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。