『幼女戦記 第10話』感想 すべての作戦が成功したかに思えたが・・!?

【アニメ】幼女戦記 第10話「勝利への道」 感想 レビュー 画像 ネタバレあり

勝利を目前にして、やっぱりそんな簡単にいかなかった!

圧勝ムードでしたが、それがすべてフリでしたね。
デグレチャフ少佐の「帰るまでが遠足だ」のくだりが完全にフラグw

さすがにこれまでが順調すぎただけに、ここから強烈なしっぺ返しが待ち受けていそう。
でも、それが物語的には王道ですよね。さすがに順風満帆のまま終わらないでしょう!

敵の”存在X”の加護を受けて覚醒しているアンソンが、どれほどのものなのか。
次回が、かなり激しいアクションの戦闘になりそうでめちゃくちゃ楽しみ。


帝国軍が使用していた戦車は、調べてみたら第二次世界大戦でドイツが使っていた「III号戦車」ぽいですね。当時のドイツ戦車隊の主力の中戦車みたいです。
Cパートは本編とうってかわって、ほのぼのしたシーンに。
ヴィーシャの寝相と寝言すさまじい・・・w おっぱいww

次回も楽しみです。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。